辛い腰痛が整形外科、整骨院、鍼灸院でも

治らなかったアナタへ。

痛みと痺れの専門家、望月治療院が

アナタの腰痛を改善します。

画像の説明

●厚生労働大臣認定、国家資格保持●アクティベータメソッド国内アドバンス認定取得●臨床経験延べ5万人以上●五反田駅より徒歩2分、完全予約制


アナタは腰痛でこのような事でお悩みではないでしょうか?


[check]  とにかく腰が痛くて痛くてたまらない!

[check] 腰が痛すぎて歩く事すら辛い。

[check] 座っていて立ち上がる瞬間が痛みがつらい。

[check] ぎっくり腰で突然動けなくなってしまった。

[check] 何年も前から腰痛で苦しんでいるけどマッサージ店で一時しのぎの施術でごまかしながら暮らしている。

 
[check] 整形外科や整骨院や鍼灸院に行ったけど辛い腰痛は改善されなくてつらくて仕方がない。

[check] ロキソニン、リリカなどの痛み止めが効かない。


整形外科


そのようなお悩みは望月治療院にお任せ下さい!

当院は整形外科や整骨院で腰痛が改善されなかった患者様の為の痛みと痺れの専門施術院です。

目次

院長挨拶

院長挨拶



3月27日発売の週刊誌「女性自身」に当院が掲載されました。

週刊女性に掲載されました。

週刊女性に掲載されました。

↑クリックして拡大


2月27日発売の週刊誌「週刊女性」に当院が掲載されました。

週刊女性に掲載されました。

週刊女性に掲載されました。

↑クリックして拡大


五反田でつらい腰痛で整体院をお探しのあなたへ

五反田整体腰痛

急に腰が痛くなったとき、あなたは「どこ」に行きますか?


少しの腰の痛みなら、勝手に治ってしまうことも多いので、どこも行かない方も多いと思いますが、痛みが強い場合は、整形外科に行かれるのではないでしょうか?


望月治療院に来院される方の8割の方々もまずは整形外科に行かれてから来られます。

では整形外科ではどんなことをするの?

五反田駅腰痛

整形外科の痛み治療の基準は「目に見える異常」ですので、まずは問診で話を聞いてから、レントゲン写真を撮ります。


そしてなにか骨の異常が見つかれば、それが痛みの原因となります。

代表的なもので言えば・・・

  • 神経が圧迫されている
  • 椎間板が潰れている
  • 神経が触れている
  • 骨が変形している
  • 軟骨がすり減っている

と言われ、「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」「脊柱管狭窄症」「すべり症」などと診断されることでしょう。

レントゲンで構造的な異常が見つからなければ、痛みがあってても原因が分からず、様子を見ましょうと湿布を渡され終了です。

整形外科でのリハビリ治療

牽引

整形でのリハビリでは、腰を引っ張る「けん引治療」や温める「温熱療法」や筋肉の緊張を和らげる「マッサージ」や「電気治療」「ウォーターベッド」などをします。

リハビリに通われている方のなかには、効果があまり感じられないにも関わらず、毎日通われている方々もいらっしゃいます。

しかしこれらリハビリが腰痛に効果的であるという研究はまだありません。

  • 海外の参考資料
    ・Beurskens AJ et al, Efficacy of Traction for Nonspecific Low Back Pain.12-Week and 6-Month Results of A Randomized Clinical Trial,Spine1997
    ・Vroomen PC .et al,Lack of Effectiveness of Bed Rest for Sciatica,N Engl J Med1997


    読売新聞
    『新聞にも牽引による治療効果は根拠なしと掲載される』

薬物療法について

病院では薬を出されることもありますが、いくつかのタイプの違う薬があります。

薬

1つは、「鎮痛剤」鎮痛剤にもいくつかの種類がありますが、痛みとは電気信号なので、それをブロックすることで、痛み信号が脳に伝わるのを妨げます。

2つ目は「血流改善薬」血流を良くすることで痛み物質を洗い流します。

3つ目は「筋弛緩剤」筋肉の緊張を和らげます。

4つ目は「抗不安剤・抗うつ剤」脳の緊張を鎮めます。

痛みのメカニズムから見ると、薬物療法は有効に見えますが、中には副作用があったり、薬が切れればまた痛みが再発するなど、根本的な治療ではないようです。


ブロック注射について

ブロック注射

痛みが強い場合やリハビリや投薬が効果がない場合、痛みを一時的に止めるために「ブロック注射」を行います。

硬膜外に麻酔剤・ステロイド剤を注射する場合や神経に直接、注射する場合、筋肉に注射する場合などあります。

ただし、飲み薬同様、痛みを一時的に止めるだけの対処療法的な治療法です。

また海外の研究データでは、その有効性がまだ証明されていません。

  • 海外の参考文献
    ・Koes BW .et al,Efficacy of EpiduralSteroidInjections
    for LOw back pain and Sciatica:A Systematic Review
    of Randomized Clinical Trialls,Pain1995


外科的手術について

最近では少なくなってきているようですが、病院では「ラブ法」や「髄核摘出手術」や「レーザーを用いた手術」などが行われています。

しかし、欧米の研究によれば、その有効性も長期的に見ると、保存療法と優位差がないとの研究があります。

手術

簡単に言えば、手術をしてもしなくても予後は変わらないということです。

  • 海外の参考文献
    ・Peul WC .et al,Prolonged Conservative care Versus Early Surgery in Patients with Sciatica Caused by Lumbar Disc Herniation :Two Years Results of A Randomised Controlled Trial,BMJ,2008


お客様の声

お客様の声

77才代 女性  T,O 様 『右足の臀部からふくらはぎの強い痛みで歩行が困難になりました。整形外科で椎間板ヘルニアと診断され、翌週には手術の日程が決まっていました。手術をなんとか回避したくて2ヵ所の整体院に連絡したところ断られましたが、最後の望みでここを訪れたところ数回の治療ですっかり治り、もとのように歩けるようになりました。』

画像の説明

私はMRIで椎間板ヘルニアと診断され足の痛みと痺れは手術しかないと言われました。
手術は怖いので悩み夜も眠れませんでした。
スマホで望月治療院を見つけ先生にメールしました。
お電話を頂き私の心境をお話ししたところ、優しい励ましの言葉にやっと落ち着くことが出来ました。
早速施術を始めたのですが、最初はうつ伏せになるのも辛かったことがウソの様に今では痺れは全くなくなり普通に歩行できています。
先生本当にありがとうございました。
感謝です。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

女性 80代 K,O様 品川区 『腰痛で6年間苦しみました。整形外科に通っても人生の終わりまでその痛みは持っていくしかないと医師から言われ痛み止めの薬だけもらうだけでした。しかし最後の望みで望月治療院を訪れたところ7回ほどの施術で改善して元通り歩けるようになり曲がった腰も伸びて姿勢までよくなりました。皆さんにこの治療を教えてあげたいです。』


70代 男性 T,K 様 『足の強い痛みと痺れで5分も歩けなくなりました。大学病院の整形外科で脊柱管狭窄症で2か所の脊髄の圧迫があると診断され手術を勧められましたが、望月治療院の施術ですっかり治りました。今ではハイキングができるほど歩けるようになりました。』

画像の説明

一昨年9月に帰宅の途中に歩行困難になり休み休み出ないと歩けなくなりました。
大学病院で診察を受けたところ脊柱管狭窄症との事で手術しなけれな完治しないとの診断でしたが、インターネットで望月治療院を知り通院する事になりました。
最初は五反田駅から杖を突きながら歩く状態でしたが先生の適切な施術の結果、ハイキングが出来るほど回復しました。
先月も裏磐梯五色沼を散歩いたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

70才 男性  M,M様 『脊柱管狭窄症による下肢の強い痛みと痺れで歩行困難になりました。病院の痛み止め(リリカ)やリハビリでも効果が無かったのですが、今ではすっかり治りました。』

画像の説明

病院で診察を受けたところ「脊柱管狭窄症」との事でした。
足腰の痛みと痺れて歩行が困難に、休んでは歩く状態でした。
そんな中、娘がインターネットで望月治療院を知り通院しました。
痛み止めが効かなかったのですが、2回目より痛み止めを止めました。
施術は全体的に行って下さり3回目の通院の時は結果が体に表れてきました。
普通に歩けるようになりました。
ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


70代 女性性  K,Y 様 『脊柱管狭窄症による腰と足の強い痛みで整形外科を2軒回りブロック注射を4回打っても治らず、最終的には手術を勧められました。気功、マッサージ、有名な整体院にも通いましたが2年間も腰と足の強い痛みが改善しなく辛くて鬱病になりそうでしたが、望月治療院の10回の治療で改善しました。』

画像の説明

77歳までは健康で働き、辞めて1年くらいから腰痛と足の痺れがあり整形でMRIの診断が狭窄症でした。
ブロックも4回ほどしましたが痛みはとれず色々試しましたがどれも痛みと痺れが取れず本当に落ち込み、娘が心配してインターネットで望月先生を知り2か月通院しまして、色々指導して頂きボールも時間が許す限り毎日一生懸命やりました。
10回目くらいから自分の体が軽くなり痛みもなくなり2年間の苦しみが信じられませんでした。
今は好きなジムにも行き本当に望月先生を信じ優しく指導して頂いた事に感謝しております。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


60才代 男性  S 様 『整形外科を2か所回って痛み止めやブルック注射でも改善さなかった半年間悩み続けた分離すべり症による足腰の痛みと痺れが治りました。まさにゴッドハンドを体感しました。』

画像の説明

まさにゴットハンドを体感しました!!
お尻や太ももの裏側、足先の痺れが整形外科で腰椎分離すべり症と診断され、リリカの服用やブロック注射では歩けなくなる程痛みは悪化しました。
丁度その頃、家内のお友達から望月治療院をご紹介頂き最後の砦の思いで受診しました。
お聞きしていた通り先生は親切で熱心で丁寧に施術をして下さいました。
先生の熱意に反応したかのように4回目の施術の頃から元通りに歩けるようになりました。
あんなに痛くて歩けなかったのにこんなに良くなるなんて・・・。
本当に「神の手」は存在していたのです。
望月先生、そして先生をご紹介くださった家内のお友達に心から感謝いたします。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


71才代 男性  S,T 様 『2ヵ所の整形外科を回りリリカなどの痛み止めを飲んだりリハビリをしたりしても改善されなかった歩行さえ困難な脊柱管狭窄症による下肢の痛みと痺れが治りました。最初の治療で歩きやすくなり効果を実感しました。』

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


74才代 男性  S,W 様 『2件の整形外科を回りどちらでも脊柱管狭窄症と診断されました。痛み止めも効かない強い下肢の痛みと痺れで手術の予定も決まっているほどの深刻な状況で、遠方からでしたがダメもとで望月治療院を訪れたところ10回ほどの治療で改善しました。』

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


40代 男性 平田様 『脊柱管狭窄症による腰から足にかけての激痛で歩行困難になりました。整形外科や整骨院の治療でも改善しなかった強い痛みでしたが今ではすっかり治りました。』

画像の説明

歩くのに不自由なほど、腰から足にかけて激痛があり、様々な整体等に行っても改善されず整形外科に行ったところ脊柱管狭窄症との診断。
薬、点滴等でも良くならずインターネットで当院を見つけ日曜日の夜にもかかわらずすぐに施術してもらい、その場で痛みが軽くなるのを実感。2~3回の施術で痛みはだいぶおさまり約二カ月通い日常生活の支障はほぼなくなった。
通うごとに痛みがなくなる実感は安心につながり、痛みが完全になくなる事を目指し、今後も継続してお世話になろうと思っています。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


70才 男性  Y,M 様 『整形外科を二件まわり脊柱管狭窄症、すべり症の併発による坐骨神経痛と診断され手術を勧められましたが、数回の治療で改善。今では趣味のスポーツを楽しんでいます。』

画像の説明

7~8年前から腰痛に悩まされ、すべり症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と診断され2件の整形外科から手術を勧められましたが拒否、現在まで痛み止め、湿布薬、温熱療法とで過ごしてまいりましたが最近痛みがひどく(特に数時間後のデスクワーク後の夕方に)ネットを見ていたところ先生のホームページに出会い「これだ!」と直感、すぐに予約を取り5回目の治療頃から信じられないくらいに痛みも減少し、今では歩きたくなり35年来の趣味のクレー射撃、乗馬も痛み止めなしで出来るようになり先生に大変感謝しております。
当初は4~5日に1回の治療でしたが少しずつインターバルを取って治療したいと思います。よろしくお願い申し上げます。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


70才 男性  S,O 様 『整形外科で脊椎の間が狭くなっていると診断されましたが治療は痛み止めと湿布だけ。整形外科や接骨院やマッサージに何度通っても改善しませんでしたが、ここの施術を受けて今ではゴルフも出来るようになりました。』

画像の説明

昨年11月、腰に差し込むような痛みが走り、整形外科で脊椎の間が狭くなっているとの診断で薬と湿布での治療を行いました。
しかし痛みは続き朝起きた時がひどい状態で他の病院や接骨院に行きましたが変わらず、今年2月に入りインターネットで当院を知り2月17日、望月先生から「身体全体を整えるのが私の治療法」と言われ初回の施術で身体が(とくに背中)軽くなったと感じました。
その後3月までに8回の施術を受け痛みはやわらぎ4月以降は隔週位になっています。
今ではゴルフも出来るようになり「感謝、感謝」する次第であります。
これからも先生お世話になります。

「個人の感想であり効果を保証するものではありません」


女性 80代 M,U様 目黒区 『半年間以上も座れないほどの腰痛と足の痛みに苦しんでいました。病院で薬と注射を試しましたが一向に良くならず、藁にもすがる気持ちで望月治療院を訪れたところ数回の治療で痛みがなくなり元通り元気になりました。』

「個人の感想であり効果を保証するものではありません」

その他400名以上のお客様の声はこちらです!

画像の説明


なぜ整形外科では腰痛が改善しないのか?


五反田腰痛患者

(TMS JAPAN)

上記のデータからも分かるように、腰痛に苦しむ方は治るどころか、年々増加傾向にあるのです。

なぜ、日本の整形外科では腰痛を治せないのでしょうか?

五反田ヘルニア患者

それは、痛みの治療戦略が間違っているからです。

つまり、日本の整形外科では「目に見える異常」を痛みの原因と考えます。

例えば、骨の変形や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などです。

しかし、この治療モデルで腰痛を診ますと、説明が困難な色々な矛盾が出てきます。

掛かりつけの先生に以下のような質問をしてみてください・・・

[check]両側に変形があるのに、なんで片方しか痛くないのか?

[check]ヘルニアと言われたけど、なんで痛い時と痛くない時があるのか?

[check]手術しなくても良くなるのはなぜ?

[check]手術をしてもなぜまた再発したのか?

[check]痛み止めがまったく効かないのはなぜ?

[check]日によって痛みの強さが違うのはなぜ?

[check]レントゲンで異常がある所と痛みの場所がちがうんですけど・・・



いままでの痛み治療では、こういった矛盾を説明できないのです。

レントゲン

簡単に言えば、整形外科の先生は「骨の専門家」なんです。

なので、骨折などの外傷性の痛みに関しては得意なんですが、多くの方々が悩まれている腰痛は改善率が低いのです。

なぜなら、殆どの腰痛は「骨」や「軟骨」「椎間板」が痛みの原因ではないからです。

腰痛の原因は筋肉です!

筋肉

結論から言えば、殆どの腰痛の原因は「筋肉」です。

簡単に言えば、筋肉がこわばった状態やその状態が長く続き、血液の流れが低下し、痛み物質が筋肉に溜まっている状態、あるいは、力が入らず、筋肉が上手く機能していない状態のことです。

このこわばった「筋肉」なんですが、レントゲンでは映りません

当然、整形外科では、目に見える「骨」や「軟骨」を痛みの原因と考えますので、病院へ行っても「この腰痛は筋肉が痛みの原因ですね」と仰ってくれる先生は少ないのです・・・

望月治療院では、痛みの原因である「筋肉のこわばり」を改善させる施術をさせていただきます。

整形外科とは診ているところが違います。なので、整形外科で治らない方々も良くなることが多いです。


当院は骨ではなく筋肉と神経を診ます!



先ほどご説明した通り、痛みを発している場所は筋肉のこわばりであるのならば、筋肉の固くなったところを丁寧にマッサージして揉み解したら治るのかといえば、そう簡単な話ではありません。

筋肉がこわばってしまうというのはあくまでも結果であって、筋肉をこわばらしてしまう根本の原因にアプローチしていかなければ、本質的に体が変化して改善していく事はないのです。

整形外科、カイロ、整体、鍼灸、アロマ、マッサージと世の中に様々な施術方法がありますが、

それらと「当院」の決定的な違いは、当院では、筋肉と、その筋肉をこわばらしてしまう根本的な原因である神経の働きに対してアプローチするところにあります。

一概には言えませんが、

神経

[check] 整形外科=骨(変形・老化)

[check] カイロ=関節(ズレ・歪み)

[check] 整体、マッサージ=筋肉(コリ)

[check] 当院=筋肉ー神経ー脳の関係性

に対してアプローチします。

変形、ズレ、歪み、コリは結果であって、
原因神経の働きの低下なのです。

神経系の低下(原因)→筋肉のコリ→歪み→変形(結果)

なので、当院では神経系に対してアプローチします。


これが痛みの根本原因に働きかける当院の施術方法です!



そこで、筋肉をコントロールしている神経系にアプローチするのが、
当院がメインで使用しているテクニックであるアクティベータ療法です。

アクティベータ療法


施術の基準は神経系の働きに異常があるか無いかです。


<


※英語でのアクティベータ療法の説明です。
 音が出ます。ボリュームに注意してください。
 始まるまでに数十秒かかる場合があります。

ドクターファー

アクティベータ療法とはアメリカのカイロドクターであるDr.Fuhrに
より開発されました。

今現在、米国で2番目に多く使われているカイロプラクティックテクニックであり、大学病院や研究施設で研究が続けられ、国際的な研究雑誌には、カイロプラクティックテクニックのなかでは、一番多く掲載されている、新しいテクニックです。

ボルト


「世界陸上金メダリスト・ボルト選手もアクティベータ療法のケアを受けています」



アクティベータ療法は本部は米国アリゾナ州にあり、日本においては、アクティベータネットワークジャパンにより運営され、筆記・実技試験に合格した者のみが正式に施術を行えるものです。

東京地区でアクティベータメソッド上級認定を保持している施術者は15名で、品川区では唯一当院のみです。(2017年現在)

筋肉に対する施術のスペシャリストの証である按摩指圧マッサージ師の国家資格とアクティベータメソッド上級認定を併せ持つ施術院は全国にも数か所しかありません。


s_101-2.jpg 院長望月&アクティベータ創始者、Dr,Fuhr

画像の説明
アクティベータメソッド国内アドバンス認定

画像の説明
厚生労働大臣認定 あん摩指圧マッサージ師国家資格


痛みの現場である筋肉に対しては按摩指圧マッサージ師として身につけた按摩、指圧を始めとする様々な筋肉調整法を使用します。

筋肉を制御する神経系の働きに対してはAKS療法(AKA療法)、アクティベータメソッド、DRTテクニック、心身条件反射療法を主に使用しております。

筋肉と神経系の働きを同時に調整する事により整形外科では治らなかった様々な痛みと痺れの症状に対し効果的な施術が出来るのです。

痛みと痺れの施術に関しては絶対の自信と経験があります。

整形外科で治らなかった痛みと痺れの症状なら、ぜひ当院にご相談ください!。


望月治療院が選ばれる7つの理由

① 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰痛などの痛みと痺れ症状に特化した専門治療院です。

望月治療院は整形外科や整骨院で脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰痛が治らなかった患者様の為の痛みと痺れ専門の治療院です。
主に整形外科で脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、坐骨神経痛、と病名を診断され来院される方が全体の9割を占め、月間で350人以上の方を院長望月の一人だけで治療させて頂いております。
来院する方の大部分が整形外科などで改善しなかった難治性の症状でお悩みの患者様です。
痛み治療に特化して重症の患者様と日々真剣勝負で向かい合い、臨床経験を積んできました。
望月治療院には痛みと痺れ症状に関しては、どこの施術院にも引けを取らない経験と実績があります。


② 痛みに対する考え方が病院とは根本的に違います。

病院を受診するとMRIなどの画像診断で椎間板が飛び出していたら椎間板ヘルニア、脊柱管が狭くなっていたら脊柱管狭窄症、腰椎が滑ってずれていたら腰椎すべり症と診断されます。
(画像診断ではっきりした異常が見つからなかった際に坐骨神経痛と曖昧な診断が下されます。)

病院では画像に写る構造上の異常が痛みの原因と考えています。

しかし、この説明には多くの矛盾があり、海外ではもはや時代遅れの施術戦略となっています。

神経

痛みの原因は「骨」ではないのです!
望月治療院は痛みの原因は筋肉の過緊張と血液循環の悪さだと考えています。
もっと分かりやすく言うと筋肉のこわばりです。

痛みをどうとらえるかという事は、治療を考える以前にとても大事な事になってくるのです。
いくら優れた治療法であっても、原因ではないところに向けてアプローチを続けたところで痛みが改善する事はありません。
病院で背骨を固定したり削ったり飛び出した椎間板を取り出したりする手術を受けたのに痛みが改善しない方がいるのはその為です。
これは望月治療院が勝手に提唱している概念ではなく、最近では様々な一般書籍でも言われている痛みの真実なのです。

画像の説明

しかしなぜ筋肉がこわばってしまうのでしょうか?
その原因は神経の働きにあります。
自律神経という言葉を聞いた事はありますでしょうか?
神経の働きには、手を動かす、足を動かすなどの意識で操作できる「運動神経」と体温調整や血流の調整や内臓を動かしたりする自分の意志ではコントロールできない「自律神経」があります。
この自律神経の働きがおかしくなってしまうから筋肉が過緊張を起こして血流も悪くなり筋肉に十分な血流(酸素、栄養)が送られなくなりそれが筋肉の硬さ(トリガーポイント)となり痛みを作ります。
痛みの震源地である筋肉と、その筋肉をこわばらしてしまう神経の働きを両方同時に調整する事により治療効果が劇的に向上します。

更に話を深ぼってゆきますと、治療を継続しても改善度合いが思わしくない一部の患者様に関しては、筋肉をこわばらす原因である神経の働きをおかしくさせる本当の根本的な原因、、、、「脳の誤作動記憶」という概念を用いて心身条件反射療法という特殊な治療技術で治療を進めていく事もあります。
原因、原因の原因、原因の原因の原因、、、そこまで話し出すと話が複雑になり分かりずらいですので、とりあえずシンプルに筋肉と神経を治療するとご理解ください。

画像の説明


 ③ 院長望月は4つの療法を修得し、施術技術に絶対の自信を持っています。

施術はすべて院長である望月が行います。
私は施術歴17年、延べ8万人以上の患者様を今まで施術してきました。
治療に使用する主な治療技術はAKS療法(AKAの進化テクニック)、アクティベータメソッド、心身条件反射療法、DRTテクニックです。
患者様のお体の状態に合わせて、この4つの療法を組み合わせて筋肉と神経の調整を行ってゆきます。
この4つの療法の認定資格をすべて取得して、日々の臨床で実際に結果を出し続けている治療院は全国でも当院だけです。

施術技術の向上に対してお金も時間も惜しまず学び続け、患者様にとって最善の施術が提供できるよう努力し続けています。
現在も年間200万円以上の費用を投じて学び続けております。
(毎週のように受講しているセミナーはブログにて報告しております。)
本気で日本一治せる施術院を目指して日々自己研磨を続けています。
自分自身が最高と思う施術を提供したい、患者様を何としてでも治したいという情熱は誰にも絶対に負けません。
院長望月は治療技術に絶対の自信を持っております。

アクティベータ療法、心身条件反射療法

アクティベータ療法、心身条件反射療法の認定証

画像の説明

DRTテクニックとAKS療法の認定証

画像の説明

AKS療法、アクティベータメソッド、心身条件反射療法、DRT以外にも治療技術の資格を多数保持しています。


④ 整形外科領域での最新の腰痛研究を常に学び続けています。

毎年開催される日本腰痛学会に参加して常に最新の腰痛研究に関する情報を学び続けています。
整形外科の領域で腰痛、慢性疼痛をどのようにとらえてどのような治療が行われているのかを常に学んでいます。
その上で、治療家としてどのような効果的な治療が患者様に提供できるかを望月治療院は研究し続けております。
外部リンク>>日本腰痛学会

2014年 千葉県
2015年 東京都
2016年 山梨県
2017年 東京都
2018年 静岡県
2019年 兵庫県

腰痛学会

腰痛学会


 ⑤ 安心の証、厚生労働大臣が認可した按摩指圧マッサージ師の国家資格資格を持っています。



院長は筋肉の専門家の証である按摩指圧マッサージ師の資格を取得しております。

この資格は厚生労働大臣も認可している国家資格です。

現在、整体院、カイロプラクティック、ほぐしマッサージなど色々な施術所が沢山ありますが、本来正式に手技療法の施術所で国から開業を認められているのは、按摩指圧マッサージ師、鍼灸師、柔道整復師の国家資格保持者のみになります。
それ以外は保健所に届けを出していない無届の施術所です。

院長である望月は国内に2校しかないマッサージ専門の教育機関である長生学園で3年間基礎医学を学んで、国家試験を受けて厚生労働大臣に認可された国家資格を取得いたしました。

卒業後にも自分が理想とする施術を更に追及していく為に、日々の臨床を続けながら
カイロプラクティック専門学校に通い、週末には毎週のようにセミナーに参加し技術を
磨いております。

施術院を選ぶ際は国家資格の有無を一つの基準にしてください。

画像の説明
厚生労働大臣認定 あん摩指圧マッサージ師国家資格


⑥「ボキボキ!」痛い施術は一切行いません。


初めての人はどんな施術をするのか不安になられている方も
いらっしゃるかと思いますが、当院で行っている施術は「ボキボキ」したり「グイグイ」強くマッサージしたり、身体を大きくひねったりすることはありません。

当院で使用する治療手技はどれも低刺激で痛みが伴う事はほとんどありません。
子供・年配者・安定期の妊婦さんも安心安全に施術しております。

アクティベータ療法



⑦ どこにも引けを取らない圧倒的な数の患者様の声が寄せられています!

400枚以上の患者様の声が寄せられています。(2020年5月時点)
動画での患者様の声だけでも50人以上ほどあります。
これら全ては開業して5年間という短い期間で院長である私一人で患者様から頂いた感想の声です。
特に痛みと痺れ症状(腰痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛)に関しての症例数は東京の施術院の中ではどこにも引けを取らないと自負しております。
望月治療院は「実際に沢山の患者様が毎日のように治っている。患者様が痛みから解放されて喜んで下さっている。」という結果を日々出し続ける事に徹底的にこだわっています。
当院に来られる患者様の9割は病院で脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症などの診断をされた方です。
その様な診断をされても適切な治療さえすれば症状は改善されることを何としても皆様に知って頂きたくて、改善された患者様にご協力頂き感想の声を毎週のように掲載する事にしております。
痛みと痺れの症状に関して、病院以外にも有効な治療があるという事を何としてでも知って頂きたいんです。
もしどこに行っても治らなかった症状でお困りなら当院にお越しください。
公開している患者様の声、実績を見て患者様自身で判断してください。


お客様の声

お客様の声

40代 男性 小川様 『脊柱管狭窄症による強い痛みで仙骨硬膜外ブロック注射を6回打ちましたが2回の施術で歩けるようになりました。』

喜びの声

クリックして拡大

平成27年の2月頃より歩くと左スネ外側の痛みで500Mも歩けず病院へ行くと脊柱管狭窄症による間欠性跛行と診断4か月整形外科ペインクリニックと渡り歩き、その間仙骨硬膜外ブロック注射を6回痛みをなんとかごまかし生活していました。たまたまHPで見かけ最初はこんな機械(失礼)で治るわけが無いと思い当院に通院

ビックリ!たった2回の施術で歩ける歩ける。

全く痛みが無くなりました。痛みのない生活はこんなに素晴らしいものなんですね!先生ありがとうございます。


30代 女性 滝沢様 『整形外科ではレントゲンを撮ってコルセットを渡されただけ。坐骨神経痛で歩くたびにズキンと強い痛みがありましたが治りました。』

画像の説明

クリックして拡大

私は腰よりも尾骶骨らへんがとても痛く、歩き出しや歩くたびにズキンと強い痛みが走り起き上がる時やかがむときにもズキンとなり本当につらかったです。
整形へ行ってレントゲン撮っても異常はなく歪んでるからと言って後はコルセットを買わせただけで、痛みの根本は治りませんでした
そこで望月治療院のHPを拝見し、皆の駆け込み寺ところだと思って来てみました。
実際の施術は、言われた通り自分で手や足を動かす初めての施術で正直この方法でどうやって痛みが消えていくのか分かりませんでした。
ただ、3,4回目を過ぎた頃(週一回ペースで)痛みが出る頻度が減っている事に気が付き、効果が表れてきたのかなと思えました。
骨をバキバキ鳴らすような強引でこわい施術ではなく、骨1本1本を丁寧に整えていくという感じでこわさは全くありません。
時には凝り固まった個所をほぐすのに、痛みを伴う事がありますが、そこに耐えれば翌日から変わっているのが分かります。
本当に有難うございました。


50才代 女性  レイコ 様 『整骨院でも治らない坐骨神経痛による腰と右のお尻から足にかけての痛みで苦しんでいましたが、今ではすっかり治りました。』

画像の説明

クリックして拡大

16年3月に激しい腰の痛みと右のお尻から足にかけての痛みが出て以来、痛みが引くことと、強くなることをくり返してきました。。
特に座ってる時、立ち上がった時。歩き出すときに右脚の痛みと違和感がありました。
自宅近くの整骨院に通っていましたが、なかなか痛みが治まらなかった為。インターネットで望月治療院を主人が見つけてくれました。
初回の施術後はまだ痛みが残っていたものの、身体がスムーズに動くという感覚が蘇りました。
施術の回数を重ねるうちに、一日の中で痛みを忘れる時間が少しずつ増えていくようになりました。
テニスボールをあててほぐす事も続けています。
腰だけでなくもっと身体全体の事を自分自身で意識する事が大事だと思っています。
いつも丁寧な施術をしていただき有難うございます。


80代 女性 A、ばあばァー様 『長年苦しんだ脊柱管狭窄症による腰痛が治りました!』

画像の説明

クリックして拡大

腰痛でずーっと悩んでいました。
何とか自分の生活が最低で守られることを願いスマホで望月先生を探しました。
1回目・・・まだ痛い!!
2回目・・・少しいいかな。
3回目、4回目の時には後戻りも感じましたが、良くなっている実感はだんだんと。
5回目、もう完全と思いますがまだ自力でのメンテナンスと先生のところに時間を見て伺ってみます。
感謝とともに自分の体を大切にして生活していきます。
ありがとうございました。
また伺いますので。

60才代 女性  Y,S 様 『脊柱管狭窄症でリリカを飲み続けていましたが、飲むのをやめられました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

腰痛がひどく病院に通院したところリリカという薬を出されそれを飲んでいました。
あまりの痛さでどうしようもなく、インターネットで望月先生の事を知りました。
すがるつもりでお願いしマッサージを受けテニスボールの治療等を教えて頂きました。
その後、腰痛の方が軽くなり、今はリリカという薬を飲まなくても大丈夫になりました。
ありがとうございました。


60才 男性  谷口様 『長年の腰痛が楽になりました。』

画像の説明

クリックして拡大

始めは痛み、苦しみから解放されたい思い一心だが、少しづつ良くなるにつれ全体のバランスが取れてこそ良くなるのが徐々に実感できる。
また、痛み、苦しみから必要以上に体に力が入っているのに気が付くが、なかなか解放できない。
辛抱強さ、今期、気力、体力、努力、心、気づき、休養、栄養など自分の工夫しながら治る様だ。
与えられた試練を超えるようなものだ、かなり勉強になる。
治療やテニスボールに本当に助けられた。
まだ完治には至ってないがかなり良くなっている。
有難うございます。


20才代 女性  S,K様 『1年間苦しんでいた腰痛が治りました!。』

画像の説明

クリックして拡大

1年ほど前から腰痛に悩んでいました。
それまでは痛くなっては治まってを振り返していたのですが、最近は常に痛い状態でした。
初回を終えると、何となくよくなったかな?という感じでした。
2回目を終えてもまだ痛みは続いていましたが教えて頂いたテニスボールのマッサージをやっていくうちに痛みが気にならない日が増えてきました。
その後3回目が今日ですが、もうほとんど痛みはなく日常動作に困らなくなりました。
本当に安心しています。。
足の爪を切るのも辛く、20代でこれはヤバいと思っていたので、回復して良かったです。
ありがとうございます!




その他400名以上のお客様の声はこちらです!

画像の説明

当院はこんな雰囲気の施術院です


auto_oqOAdM.png

s_DSC_0128.png



他院の先生からも推薦を頂いております。

画像の説明

安芸 先生

こころ整骨院・整体院グループ
株式会社givers 代表取締役
柔道整復師
安藝 泰弘 先生

全国でこころ整骨院・整体院グループを展開している安藝と申します。
望月先生との最初の出会いは望月先生がこれはと思った先生の技術を学ぶため、頼み込んで始めた勉強会でした。
普通は自分自身で頼み込んで行動を起こしませんが、彼は違いました。
そこまでして施術を追い求めていました。
そしてその追及心は10年を超えても続いています。
その行動が続けば、今では情熱も能力もなかなかの稀有な施術家になっていると容易に想像できるのではないでしょうか?
私はそうであると断言できます。
私はそういった部分をとても尊敬していますし心からお勧めできる先生です。


画像の説明

石井堂クリニカルオフィス  院長
不調が消え去る脳バランス体操(KADOKAWA)著者
柔道整復師
石井 克昇 先生

私は、望月治療院の望月先生を推薦致します。
いつも笑顔で人当たりが良いという印象ですが、心の奥底には、「絶対に俺が患者さんを救うんだ!」という熱い心を感じます。
たくさんの技術セミナーに参加し、誰よりも勉強されていて、「こんなに勉強されて熱い気持ちを持った先生に診て頂ける患者様は幸せなんだろうな〜」といつも思っています。
もし、あなたが椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などによる痛みやシビレにお悩みでしたら、間違いなく望月先生にお願いされる事をお勧め致します。
あなたの辛い症状が1日でも早く解決出来る事を心から願っております。


上原 宏 先生

DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)創始者
お茶の水カイロプラクティック院長
上原 宏 先生

私はDRTを開発した上原 宏と申します。
望月先生は、DRT施術革命オンライン手技塾のメンバー限定で開催される手技セミナーや補講を年間を通して受講され優秀な成績で収められました。
望月先生は、DRT創始者の私がが直接指導させて頂き自信を持って皆様に推薦できる優れたDRTテクニックを持っていると認定した先生です。
望月先生は、先生のお住いの地区でDRTセミナーを開催する権利も取得しております
それだけ優れた、DRTを御使いの先生だと自信を持って推薦いたします。


中村幸広 先生

こことも整体室 院長
柔道整復師
中村 幸広 先生

神奈川県横浜市で整体とパーソナルトレーニングを営んでいる中村幸広と申します。
東京だけでなく全国から患者様が来院される『望月治療院』ですが、
もっと多くの重症患者様にその良さを知っていただきたく、筆を取らせていただきました。
望月先生の治療院にはいわゆる難治性腰痛と言われる『脊柱管狭窄症』『椎間板ヘルニア』の患者様が全国から来院されています。(ほとんどクチコミっていうのが信じられない!)
時間とお金を使ってでも、来院する価値があるからこそ多くの患者様に支持されている治療院です。
何故そこまで支持されるのでしょうか?
同じ治療家としては少しジェラシーを感じちゃいますが、
望月先生は3つの力が突出している治療家なんです。
個別の苦しみを見逃さない『原因追求力』
根本治癒へと導く『施術力』
自分の利益より他者の利益を優先する『人間力』
望月先生は治療家としての学びを怠りません。既にたくさんの成果を出されている今でも貪欲に学ばれています。
その学びによって磨かれた『原因追求力』があるからこそ、患者様の辛い症状の根本原因を明らかにしてしまいます。
根本原因が明瞭化しているので、患者様の時間の浪費がないのも、望月先生の凄さですね。
多くのハイレベル施術(AKS・DRT等)をマスターされている望月先生にとっては、 難治性の疾患で苦しまれている患者様を根本治癒へと導かれていることは想像に難くありません。
『施術力』の高さを一度体感して仕舞えば、他の治療院には…。(^^)
また後進の育成にも尽力されている人徳者で、
実は私も、望月先生からご指導いただいている一人です。
その的確なアドバイスのお陰で、難治性腰痛患者様に喜んでいただけるようになりました。
私以外にも、多くの治療家に感謝されています。
業界的に、自分の利益を優先して治療のポイントを秘密にする治療家が多いのですが、アンチ秘密主義の望月先生はそういう意味でちょっと『異端の治療家』ですね。
「みんなで喜び合いたいよね〜」が口ぐせの望月先生、、、、『人間力』の高さに脱帽です。
望月先生は、このような稚拙な文章では足りないくらいの結果を
辛い症状で悩まれている『あなた』にもたらしてくれる先生です。
是非、悩むよりご相談なさってください。
そして、施術を受けてください。
あなたの悩む人生を『楽しむ人生』に変えてくれます。
心より『望月治療院』ご推薦いたします。
あなたが『笑顔』になられている未来を祈念して。


画像の説明

東松山整体院 院長
和田 剛 先生

望月先生との出会いは、2年前のある施術技術セミナーでした。
以来月に一回お会いする機会がありますが、先生の素晴らしさは、何と言っても「圧倒的に治せる施術家」と言う点です。
そして、患者様へ対する情熱と施術技術への探究心は私のお手本でもあります。
また、望月先生は明るい笑顔と誠実なお人柄も魅力の一つだと思います。
どこに行っても治らない膝、腰、肩の痛みや手足の痺れでお困りの方は、「痛みと痺れの専門家」の望月治療院をお尋ねください。
私は自信を持って望月先生を推薦いたします。


山本 欣令先生

理学療法士
やすらぎ立川昭島整体室院長
山本 欣令 先生

望月先生とは、同じセミナーを受講した間柄ですが、そのセミナー会場でお会いする度、施術に向ける情熱と真摯な姿勢にただ敬服するばかりでした。
アクティベーターメソッド中心に、様々なセミナーや研修会から得た知識・技術を駆使して、目の前の方にベストの施術を、日々実践されています。
このホームページをご覧になっていらっしゃる方、痛みで悩まれていらっしゃる方、望月先生の施術で、是非痛みの無い生活を取り戻して下さい。


当院の場所


画像の説明


JR五反田駅東口から徒歩3分  都営浅草線五反田駅A6出口から徒歩30秒

ご予約の仕方


画像の説明


予約

受付時間(時間外でも電話対応致します)

月曜日 10:00~20:00
火曜日 10:00~20:00
水曜日 10:00~20:00
木曜日 10:00~20:00
金曜日 10:00~20:00
土曜日 10:00~20:00
日曜日 定休日

営業時間外も転送電話にて可能な限りご予約をお受けできる
体制をとっております。
まずはお気軽にお電話ください!

最後に、、、院長望月の思い。


このホームページをご覧になられているあなたは、きっと何かしらの辛い症状をお持ちで、症状が緩和、軽減される施術院をどうやって「選べば良い」のかお困りになっているのではないでしょうか?

開業して以来当院にはずっと、とても辛い痛みと痺れの症状をなんとかしたいと、
毎日、遠方からたくさんの患者様がいらっしゃいます。

来院されるのは主に整形外科を受診されて、診断と薬を処方されただけという方々です。

画像の説明


そのうちの9割が、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、分離すべり症などと診断され、痛みと痺れ症状が放置されたままの患者になります。

最近では椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の手術をしたにも関わらず、その症状が改善しない患者様も少なくありません。

来院された患者様の中には、手術までしたのに来院する今日まで、一向に症状が改善されなかった辛さを私に説明するために、ボルトで固定された背骨のレントゲン写真を持参される方が沢山いらっしゃいます。

その時、私は何とも言えない強い憤りを感じます。

なぜ、もっと早くこの人に出会えなかったのだろうか?と。

「私なら、その人の体を傷つけることなく、症状を緩和させることができるのに!!」

こう感じるたび、この手法を届け切れていない自分自身にももっと広めなくては、と言う想いと義務感を感じます。

当院の願いは、「ひとりでも多くの苦しんでいる患者様が、痛みから解放され、元気に満ち溢れた日々を取り戻す人こと」です。

歩けば施術院に当たると言われる世の中で、縁あって当院をお選び頂き、来院された患者様に、何としても元気になって頂きたいという『想い』は本気です。

このホームページでわたしたちの施術実績を発信し続けているのは、当院が西洋医学、整形外科の考えを否定しているからではありません。

骨折、脱臼など、原因が明らかに骨の損傷ならば、整形外科を真っ先に受診するのはあたりまえのことです。

でも骨折や脱臼ではない、痛みと痺れの症状に対しては、整形外科以外にも有効な選択肢があることを知ってもらうことが、痛みや辛さに悩む多くの患者様にとって役に立つ、と強く信じているからです。

今まで施術させて頂きました沢山の患者様の感想の通り、整形外科の考え方では補えない範囲の施術を提供するのが当院の使命です。

手技療法、カイロプラクティックの施術院としては痛みと痺れの施術に関しては、都内でもどこにも負けない経験と実績があると自負しております。

今まで施術させて頂きました患者様の感想をこちらに掲載しておりますのでどうぞご覧下さい。

きっとこちらを読んでくださっている痛みに苦しんでいるあなたと同じような症状が見つかると思います。

患者様にとって最善の施術、自分自身が思う理想の施術を追い求め日々精進を続けております。

自分の両親、家族にも本気で受けてもらいたい施術を患者様に提供したいんです。

施術にかける情熱は絶対にどこにも負けません。

望月治療院は治す事に徹底的にこだわります。

痛みと痺れの症状に関しては東京で一番治せる整体院になりたいと本気で思っています。

痛みで苦しんでいる患者様たちの最後の砦になるという揺ぎない覚悟をもって日々施術を続けています。

望月治療院は整形外科や整骨院で脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰痛が治らなかった患者様の為の痛みと痺れ専門の治療院です。

痛みと痺れでお困りでしたらぜひ当院にお気軽にお越しください!

                   院長 望月久嗣









t:2 y:1