神経学の勉強会

こんにちはー
五反田の治療院、望月治療院の望月です。

本日は神経学の勉強会に参加してきました。
毎月1回開催される全12回の勉強会で本日が1回目。

初回の本日は神経学の基本的な事を分かりやすく講師の
先生にご教示頂きました。
静止膜電位、脱分極、過分極、ナトリウムイオンチャンネル
抑制性シナプス、興奮性シナプス、etc・・。
学生時代に国家資格を取る為に必死で勉強した内容のはずなんですが
すっかり記憶から抜け落ちておりました。

今日初めて聞いた言葉はTND。
超要約すると、、、
神経細胞は静止膜電位の-60mⅤで安定していて
ナトリウムカリウムポンプの働きで脱分極、過分極をしてる。
そのポンプが壊れてしまって静止膜電位が狂ってしまう状態がTND
という状態だそうです。
静止膜電位がおかしくなっている訳ですから洒落にならないくらい
危機的な状態な訳です。

セミナーが終わって治療院に帰って昔の教科書を
読み返して何となく今日の内容が頭で整理できました。
頭で腕を「動かす!」って思って実際に動かすのに神経組織の
中では完璧な働きが行われているんですね。

とりあえず1年かけて神経学をキッチリ習得してきます。
もっと強力な治療をする為には技術と知識と気合が
高いレベルでかみ合わないといけない訳です。
アホな頭をフル稼働で1年間がんばります。

9月もそろそろ終わりですね!
明日も元気を出して頑張りましょう!

画像の説明

コメント


認証コード0648

コメントは管理者の承認後に表示されます。