脊柱管狭窄症 感想文

こんにちは!
望月治療院の望月です。

本日も脊柱管狭窄症の感想文を患者さんから頂きました。
こちらの患者さんは脊柱管狭窄症の症状は治って神奈川県の
大磯から現在は2週間に一回、メンテナンスとして通院して
下さっています。
開業間もないころからのお付き合いでもうすぐ通院2年になります。
ほんとにいつも遠くから来てくださり有難うございます。
患者さんあっての望月治療院です。
これからも患者さんの健康な暮らしに貢献できるように
全力で治療させて頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!



都心で営業していると毎日新しい患者さんが当院にお越し下さいます。
一期一会になるのか、長いお付き合いになるのか先の事は分かりませんが、
とにかく私は一人一人の患者さんに全力投球で魂を注ぎ込む
ように気持ちを込めて治療をさせて頂いております。


最近は一旦治って卒業した患者さんがまた痛みが出て連絡して
下さったり、ご家族を紹介して下さる事が増えてきました。
痛くなったらあそこに行けばいいと、心の片隅にでもおぼえて
いてもらえる様な治療院になりたいです。
桶の中でお水を全力で押し出してたら結局自分のとこに
帰ってくる感じで治療院の運営の仕方をイメージしてます。
抱え込むんじゃなくって、爆発するようなパワーを放出する
感じです。
都心での治療院の在り方として、この方が固定の患者さんで
固めるより健全な様な気がします。
本当に心に残る治療が出来ていたらいつかきっと思い出して
くれるはずです。

今日も1年半ぶりの患者さんが来院して下さいました。
物覚えが悪くて名前だけではピンとこないけど、お顔を見ると
昔の記憶が一気に蘇ります。
話した内容、職業、生活の様子などすぐに思い出します。
患者さんが当院を憶えて来てくれたことに大感激です。
1年空こうが2年空こうが私は大歓迎ですよ!
いつでも気軽に電話して下さい!
治して、しかも心に残るような治療院、治療師になっていきたいです。

今年ももう少しで終わりですよ!。
うちの治療院の近所に晩杯屋といきなりステーキが出来たんです!
五反田の神様が私の為につくったんじゃないのかとウキウキして頻繁に通ってます。
一人で立ち飲み屋に行くウキウキは子供の時に100円玉を握りしめて
駄菓子屋に通ったワクワクに似ています。
似てないですかね!?

気合、根性と感謝と謙虚さと情熱を忘れぬように。
明日も元気出して頑張りましょう!


70代 男性 T,K 様 『脊柱管狭窄症で手術を勧められましたが治りました。』

画像の説明

画像の説明

一昨年9月に帰宅の途中に歩行困難になり休み休み出ないと歩けなくなりました。
大学病院で診察を受けたところ脊柱管狭窄症との事で手術しなけれな完治しないとの診断でしたが、インターネットで望月治療院を知り通院する事になりました。
最初は五反田駅から杖を突きながら歩く状態でしたが先生の適切な施術の結果、ハイキングが出来るほど回復しました。
先月も裏磐梯五色沼を散歩いたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメント


認証コード2528

コメントは管理者の承認後に表示されます。