脊柱管狭窄症 施術の感想

こんにちは!
望月治療院の望月です。

脊柱管狭窄症、腰椎すべり症の激痛で来院された患者様から施術の感想を頂きました。
患者様本人ではなく一緒に来てくださった患者様の娘様が記入してくださいました。
あまりの激痛で動くことも出来ず1か月病院に入院していて改善するには手術しかないと言われたとの事。

当院にお越しくださった時も初回は車椅子だったのですが、1回の施術で立って歩けるようになり4回ほどの施術で痛みは取れました。
行った治療はAKSによる下部肋骨、仙腸関節調整のみ。
治って私もうれしいです。

もっと良い治療がしたいです。
明日も元気に頑張りましょう!

80代 女性 T,M 様 『脊柱管狭窄症、すべり症の激痛で救急で病院に1か月入院して手術しないと痛みは治らないと言われましたが、望月治療院の初回の施術で立って歩くことが出来るようになりました。」

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

母は脊柱管狭窄症、すべり症で歩けなくなり救急で1ヶ月ほど入院し整形外科の先生には「この痛みはなりませんよ、手術しないと。」と言われ退院しました。
こちらに初めて伺った時は母は車椅子で立つこともできない状況でしたが初回の手術後、立って歩くことができ大変驚きました。
4回目の施術ぐらいでほぼ痛みはなくなったようです。
母は先生のおかげで辛い手術をせずに済みましたが手術をされても痛みがあり来院される方もいらっしゃると聞きました。
母は当初高齢であることを心配しておりましたが、花火のような激痛が見事になくなり大変喜んでおります。
少々遠方でも一度望月先生に診ていただくことをお勧めします。
必ず救いになることと思います。
初回の予約の際、入院中の母に代わり病状を申し上げたところ先生か、「ぜひ診させて下さい。」と力強い言葉をかけてくださり、真に患者に寄り添った素晴らしい先生だと思いました。
助けていただき本当にありがとうございました。




こちらの患者様には動画での感想もいただきました!
ご協力頂きありがとうございました!

コメント


認証コード4217

コメントは管理者の承認後に表示されます。