脊柱管狭窄症に起因する坐骨神経痛 感想文

こんにちはー!
五反田の治療院、望月治療院の望月です!
元気ですかー!

今日も患者さんに感想文を頂きました。
こちらの患者さんは脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛
病院で診断されたそうです。
歩くのは平気ですが椅子に座っているときに脚がじんじん痺れて
しまうとの事でした。
アクティベータのみでスッキリ完治。
本当に狭窄症で圧迫されてる事が原因で痺れてるなら
そう簡単に治らないわけです。
今回も筋肉の問題で痺れの症状が出てしまっていました。

私は感想文をもらえると「仕事したなー!」って嬉しい
気分になります。
ぜひ当院の治療で治ったら感想文の記入をよろしくお願いします!。
明日も元気出して頑張っていきましょう!

50才代 男性  T,F 様 『脊柱管狭窄症に起因する坐骨神経痛が治りました。』

2017年2月7日

画像の説明

ふくらはぎを肉離れして松葉杖を使っているうちに他の部分にも負担がかかり、腰の痛みと足の裏側、外側の痺れが出てきました。
整形外科では脊柱管狭窄症に起因する坐骨神経痛という診断で腰の牽引などをして貰いましたが改善の兆しが見られなかったので、ネットで望月治療院を見つけ半信半疑で行ってみました。
施術は30分程度でしたが体がずいぶん軽くなり、しかも驚いたことに次の日には足の痺れがほとんど消えていました。
その1週間後にも再度施術を受けましたが、痺れは再発しておらず、本当に望月先生に診て頂いて良かったと感謝しています。
どうもありがとうございました。

コメント


認証コード0765

コメントは管理者の承認後に表示されます。