椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛 施術の感想

こんにちは!
望月治療院の望月です!

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院された患者様から施術の感想を頂きました。
この患者様の痛みはかなり強く、待合室の床に横になってしまうほどの状態でした。
座る事も出来ないくらいの痛みです。
治療はいつもの通り背骨とエネルギー調整と筋肉施術のみ。
数回の施術で元通りに歩ける様になり仕事に復帰されました。
現在はメンテナンスとして月一回通院して下さっています。

なんと3枚も感想を書いて頂きました!
本当にうれしく思います涙!
こういうのが貰えると治療家やって本当によかったと思うんです。
痛みを治すという機能的な便利さだけの治療院はまだ2流です。
痛みの治癒なんて軽く飛び越えて、心が動いて感動が湧き上がるような仕事がしたいんです。
もっと精進します。
もっと良い治療がしたいです!
明日も元気出して頑張りましょう!


男性 34歳   S,H 様 神奈川県川崎市『椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で立つことも座る事も出来ず横になっている事しかできなくなりました。藁にもすがる気持ちで五反田までタクシーで来たところ数回の施術で仕事に復帰できました。同じ症状で苦しむ方にこの施術を伝えたいです!』

画像の説明

坐骨神経痛

クリックして拡大

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

クリックして拡大

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

クリックして拡大

元々腰痛持ちで数年前に坐骨神経痛が酷くなり、その時に整形外科に行き腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
(その時はリリカを処方され痛みは引きました。)

時は流れ、今年の1月にぎっくり腰になり、更に2月に自身にとってとても辛い出来事があり、その影響からかまたも3月にぎっくり腰に再度なり、その時から坐骨神経痛も再発するようになりました。
坐骨神経痛は慢性的な痛みでしたが数年前はリリカをしばらく処方していたら痛みが引いたので、今回も大丈夫だろうとしばらく飲んでいましたが痛みは消えず、とうとう4月の終わりには今度は坐骨神経痛の痛みがピークに達し、お尻周りはもちろんふくらはぎや足首にも激痛が走り、立ち上がっていられるのは30秒ぐらいが限界の状態になってしまいました。

ぎっくり腰の痛みとは違い一向に引く気配がなくどんな姿勢でも叫んでしまうほどの痛みで、夜中に自傷行為に走るなど妻曰く「もう見ていられない状態」だったとの事でした。

激痛と戦いながら藁にもすがる思いでスマホを触り望月先生のホームページにたどり着きました。
見てみると先生のコメントはもちろん患者さんの症状や声が自分と重なる方が多かったのでここしかない!と思い連絡させていただきました。
丁度ゴールデンウィーク中だったこともあり予約が取れたので、当日は玄関の前までタクシーを呼び寄せ妻に同伴してもらい、車内で横になりながら五反田まで向かいました。
タクシーから降りて立ち上がるとまたすぐに激痛が来たので急いで先生の元まで向かい、受付に入った途端に横にならせてもらいました。
(その時に合わせた他の患者さんすいませんでした笑)

そして先生に最初の治療をして頂き、その場ではまだ症状に変化はありませんでしたが先生のお話や治療を受けてこれなら治るだろうと希望が湧き、次の日も見てくださるとのことでその日は帰路に着きました。
(まだ痛かったので治療院下までタクシーを止めました。)

次の日もまだ痛みはあり、変わらずタクシーを呼び寄せ同じような状態で先生のもとへ向かいました。
この日先生は本来休みだったのですが、たまたま五反田で用事があるついでに出勤してくださるとのことで先生が来るまでの間、治療院入口前にレジャーシートを敷いて横になりながら待っていた状態でした。
(立って入れる時間は多少長くなりましたが、しばらくすると痛みで立っていられなくなるので・・・)
そして2回目の治療を受けた結果、まず帰りのタクシーの乗り場まで歩けた事、タクシーの中でも寝ずにとりあえず座れたことで、明らかに回復してきた実感がありさらに希望が湧いてきたの覚えています。

ちなみにこの日は5月3日で、それ以降はゴールデンウィーク連休で先生もお休みだったので次の予約を5月8日に入れましたが、少し間が空いてしまうことに不安がありました。

そして忘れもしない5月4日の夕方、もう立つ分には痛みが出ない状態になっておりまさに先生の凄さを体感した日となりました。
一応接客業、立ち仕事なので連休いっぱいの5月6日までは会社にもお休みをもらっておりましたが、この時、7日からは復帰できるのではないかと思ったのを強く覚えています。

更に一晩明けた5月5日には地元のスーパーまで歩けるようになり、妻に付き添ってもらいつつ久々に会社に出られた喜びを感じました(笑)

そして連休最後の5月6日、もちろん違和感などあるものの、歩くことにはほとんど支障もなくこの日も散歩などをして職場にも明日5月7日から復帰する旨を伝えました。

5月7日の仕事をなんとか乗り切り、5月8日には待ちに待った先生の治療でしたがその前に会議の予定があり、その会議はずっと座りぱなしだったので、また痛みは来ないのか?(座っていてもしばらくすると激痛で再び横たわるしかなかったので)、ずっと同じ姿勢で大丈夫か?などの不安がありましたが、予想に反して問題なく進みその日の夜に先生の治療を受けました。

そこからは徐々に間隔をあけ現在も治療を受けていますが若干の痺れが残る程度で日常生活には支障はなく趣味のジム通いや運動も行うことができていることは未だに信じられません。

先生はただ治療をしてくださるだけでなく、私の背景や性格などにも考慮し、私に合った治療をしてくださっているのが分かるのでとても信頼していますし、ここまで回復させてくれたことへの感謝はいくらしても足りないと思っています。

今後もこの地獄の痛み、経験を再発させないよう、、体に不備がなくとも最低月一回は先生の元を訪れ、治療、メンテナンスを行っていきたいと思っております。

長くなり拙い文章で申し訳ありませんが、同じ思いをする患者さんに少しでも伝えたい次第で書かせていただきました。最後に・・・

先生、マジで神っす!!!!!!!

引き続きよろしくお願いします !


コメント


認証コード9839

コメントは管理者の承認後に表示されます。