脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 施術の感想 動画

こんにちは!
望月治療院の望月です!

脊柱間狭窄症による坐骨神経痛と整形外科で診断された患者さまより治療の感想を動画で頂きました。
2月下旬に来て頂き本日で8回目の治療でした。

来院時は痛みが強すぎてうつ伏せ不可。
横向きの姿勢のまま治療させて頂きました。
2回目の時はだいぶ痛みが減りうつ伏せは出来きて本日8回目の来院時にはほぼ痛みは消失していました。
いつもの事ですが整形外科ではレントゲンで画像を撮り痛み止めを処方されただけ。
これではらちがあかないと思ってネットで当院を探してくれたそうです。
しっかり治って私も嬉しいです。
患者様の声の動画撮影にもご協力いただきまして本当にありがとうございました!

男性 60代 Y,I様 品川区 『脊柱管狭窄症による坐骨神経痛が改善。最初の来院時はうつ伏せにもなれないほどの激痛で3メートルも歩けない状況でしたが、1回の施術でうつ伏せになれる様になり、8回の施術で完治しもとどおり歩ける様になりました。「痛みの原因は骨ではなく筋肉にある!」という事を実感しました。』


8割の患者様は普通に治療すれば当たり前の様に治ります。
治りずらい1割~2割の患者さまにも適切な治療が出来て結果が出せる治療家になりたいです。
治りずらい2割に対応する為に、更に新しい治療法を学んだり神経学を学んだりコミニケーション学んだりエネルギー療法学んだり。。
人間の痛みを治す為に学ぶべきことは追求しだしたら終わりはないです。
治る患者さんだけ相手にしてお山の大将になるのではなく、治らない患者さんがなぜ治らないのか、どうしたら治るかという事に真剣に向かい合い治療の本質、最高の治療を追求する治療院でありたいです。

自分にとっての治療とは治せたら勝ち、治せなかったら負けの真剣勝負の場所です。
とにかくどんな手を使ってでも治さんといかんのです。
代替療法なんて基本胡散臭いし怪しいし病院のように信用なんてない世界だからこそ徹底的に結果に拘らないといかんのです。
怪しい上にいまいち治らんでは身も蓋もない。
結果で証明せねばならんのです。
望みを託して決心して来院してくれた患者様の期待に何としても応えたいんです。
患者さんが治って喜んでくれた時が本当にうれしい瞬間です。
動画撮影に協力して頂いたり感想文を書いて下さったりして、当院の活動を応援して下さる患者様には本当に感謝しております。
いつも本当に有難うございます。
皆様あっての望月治療院です。

もっと良い治療がしたいんです。
明日も元気出して頑張りましょう!

コメント


認証コード0029

コメントは管理者の承認後に表示されます。