脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

こんんちは!
望月治療院の望月です。

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で来院された患者様から施術の感想を頂きました。
治って私も嬉しいです。
ご協力いただき有難うございました!

女性 70才   R,M 様 目黒区在住 シャンソン歌手 『脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で足が鉛のように重くなり整形外科で手術を勧められました。手術で良くなったとの話を聞かないので自分で調べて望月先生を訪れたところ2回の施術で嘘のようにスムーズに歩ける様になりました。』

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

クリックして拡大

10分くらい歩くと腰から膝にかけてまるで鉛を体につけられたように重くなり歩行ができなくなり、休んでまた歩くということが5年前から続いて、病院では脊柱管狭窄症と言われ手術を勧められました。しかしながら良くなったとの話が聞こえないので整骨院やカイロプラクティックとかでも 治らず、駅までたった6分のところでさえ歩行者困難になってきて泣きたくなりました
これさえ治ればとの思いでネットで調べたら望月先生の所が目にとまり早速治療していただいたところ、たった2回の施術で嘘のようにスムーズな歩きができるようになり、途中でばったり会った友人から、「どうした? 前と比べるとスタスタ歩いて別人のようだ!」と言われました。
感謝しております。

コメント


認証コード9149

コメントは管理者の承認後に表示されます。