勉強会

こんにちは!
望月治療院の望月です!

今日は水道橋に勉強会の為に行ってきました。
このグループでは2カ月に一度、同業の仲間たちが集まって
成果の報告とこれからの方向性について話し合います。
集まったメンバーはみんなすごい人達ばかりで毎回自分の基準が
一気に引き上げられる強烈な感覚を経験する事が出来ます。

自分は治療師であると同時に、この治療院の方向を決めていく
経営者でもあるので常に色んな事を学んでいく必要があります。
私には本気の思いと技術をより沢山の人に伝えなければいけない使命があるんです。
今回も志の高い仲間たちと濃密な時間を過ごすことができました。


治療師は治療技術を学ぶのが大好きです。
自分も治療の技術が好きすぎて相当な金額を勉強につぎ込んできました。
極貧生活の中で数百万をかけて3年間学校に通って国家資格も取りました。
2日間で30万円も払うようなキチガイじみた治療技術セミナーにも
何度も参加してきました。
今も頻繁に参加し続けています。
しかしこれは治療家にとって努力ではないんです。
治療家にとって治療の勉強は寝たい食べたいと同じ、欲望な訳です。
欲望に翻弄されず、治したっていう結果まで技術を昇華させなくてはいけないんです。
治療の勉強は治療師にとって一番大事です。
しかし治療技術の勉強だけしまくってるけど閑古鳥のお店も多いようです。
自分の欲望に負けて治療の勉強ばかりして、その他に更に勉強しなくてはならん事を
興味ない、自分の流儀じゃないとかほざいて勉強しない。。
本当に大事なのは治療を勉強しまくって、その勉強した技術で
ガンガン治療して治して沢山の患者さんを笑顔にする事。
もっと具体的に言うと、治して喜んでもらった患者さんの人数です。
自分の治療師(臨床家)としての社会への貢献は数字でリアルに出るんです。
(症例の難しさの差は除く)
治療師なら、男なら、現実的な成果から目を背けてはいけない
んです。
治療家なら患者さんを治したっていう、ボクシングでいうところの
KO勝ちの山をガンガン積み上げる事が大切なんです。
腰痛で困ってる人が世の中に沢山いるんだから、この治療院を
知ってもらって来てもらって治しまくらなくてはならんのです。
治して治して治しまくらないといかんのです。
自分への戒めとしていつも思っています。

酷い事をいっているというのは百も承知ですが、、、
達人風に振舞って自分に酔いしれてるけど、患者さんがあんまり
来ない治療師を自分はあまり尊敬できません。。
治療師なら、男なら、臨床という戦いの場に毎日立って、
泥臭くても治したっていう勝ち星をガンガン積み上げなくて
はならんのです。
その為には、まずは患者さんが来ないと治しようがないんです。

その為にはあんまり勉強したくない治療院の経営の事もある
程度は学ばんといけないのです。
自分がそういう事が苦手ならお金を払ってでも専門家の知恵を
借りればいいんです。
それをしないのはただの怠慢なんです。
お金がないっていうのはただの言い訳で、やる奴はどんな手を
使ってでも資金を作って這い上がります。
つまりは気合の問題です。
経営だって突き詰めると結局は気合と情熱なんですよ!!
キャベツかじって暮らしてでも、その戦いがそいつにとって
命に代えても勝たなければいけない大勝負なのかという事です。

治療技術だけ勉強して、患者さんが押寄せてガンガン治し
まくって繁盛してるなら文句はないです。
おれだって本当は治療技術だけ勉強してたいんです。
「治せば繁盛するよー」とかクールな事言ってカッコつけたいです。
いつかそう言えるようになる為に治療の勉強は日々欠かしてないです。
しかし凡人(むしろアホ。)である私が限られた人生で
この燃え滾る志を最大限のパワーで世の中に叩きつける為に
勉強しなければいけない事は治療技術以外にも沢山あるんです。
気合だけでは勝ちづらい複雑な世の中に悔しいですがなってきているようです。。

治療院の近所の通っていたラーメン屋が今月末で閉店する事になりました。
気さくな店長でいつも食べに行くと話しかけて下さいました。
味もなかなか旨くて月に一回は通っていました。
そんな店が閉店を余儀なくされるのが切なくてたまりません。。
熱い純粋な思いこそクソッタレの東京でどんな手を使ってでも
勝ち残って続いていかんとならんのです。。
本日も思ってる事を書き殴ってたら、自分でも何言ってるか
分からなくなりました・・。



とにかく私は全力で治療を毎日続けています。
もっと良い治療がしたいです!
明日も元気をだして頑張っていきましょう!

画像の説明

画像の説明
グラップラー刃牙、柴千春の名言です!最高です!

コメント


認証コード9031

コメントは管理者の承認後に表示されます。