椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛 施術の感想

こんにちは!
望月治療院の望月です。
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院された患者様から施術の感想を頂きました。
なんと裏面まで感想を書いていただきました!
本当に有難うございました!

来院当初はあまりに痛みが強くて旦那様に付き添われて這う様に当院にお越し頂きました。
背骨の調整と簡単なエネルギー調整で6回程施術したところほぼ元通りの状態まで回復いたしました。

この様なまともに立つ事すら出来ない酷い坐骨神経痛の様な症状の患者さまは当院に頻繁にお越しくださっています。
坐骨神経痛も酷くなりすぎると、はって移動する事すら出来なくなり救急車を呼ぶほどの状況になる方もいらっしゃいます。
痛みの度合いがかなり強くても、体の調整さえしっかり行えばほとんどの場合短期間で回復に向かいます。
開業当初はあまりに患者さまが痛がるから私の方がびびってしまってしまう事もありましたが(笑)、さすがにこれだけの数の患者様を診させて頂いていると施術も自信を持って行えるようになってきました。
こういう酷い激痛で苦しんでいる時に整形外科のお医者様に手術をすすめられたら藁にもすがる気持ちで即決してしまうんだと思います。。
もっと世の中にこういった治療もあるんだという事を私たち治療師が発信していかなければなりません。
痛みと痺れでお困りならぜひ当院にご相談ください。

まだまだ私もいたらない事ばかりです。
もっと良い治療がしたいです。
明日も元気にがんばりましょう!

女性 60才   K,T 様 『椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で右足に激痛が走り歩けなくなりました。楽になりたい一心で日本でナンバー1の手術数で有名な整形外科に手術の予約を入れましたが、手術がどうしても怖くて望月先生のところへ来院したところ6回ほどの施術で元通りの状態まで回復しました。痛みで苦しんでいる方々が一人でもこの整体院を知り元気になられることを望んでいます。』

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

クリックして拡大

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
裏面

クリックして拡大

MRIにより腰椎椎間板ヘルニア右側L4、L5と診断される。
2月下旬より1日1回臀部から足(右側)に激痛が走り痛み止めを飲み、そのまでじーっとして、少し動けるようになるまで待ってほとんどベットの上で過ごしていました。
あまりの痛さと何時痛むのかの不安から楽になりたい一心で日本No1の手術数の某病院に予約を入れました。
しかし痛みが和らぐとやはり手術は恐ろしくベットの上で必死に手術以外の治療がないか検索し、望月先生を知りました。
とにかく何時来るかわからない激痛から解放されたく3月9日~3月23日の間に10回の施術をお願いしました。
3月9日(1回目)は痛み止めを飲んでこちらに来て、施術が終了した後、楽になった感がありましたが痛み止めが効いているのか?施術のせいなのか?わかりませんでした。
家ではテニスボールをごろごろ一生懸命にやり続けました。
3回目の治療から痛みはあっても瞬間的で回数も激減して4回目では少し右足をかばう歩き方ですが、すごく楽になってきました。
そして今まで床に寝転がりテニスボールをころころという事は出来なかったのですが、出来るようになり洋服の脱ぎ着、下に落としたものを拾う等々、今まで痛みが走ってできなかった事が苦なくできる様になりました。(裏面へ)


痛みのあまり手術を考えましたが本当に望月先生と出会え治療をして頂き激痛をとって下さり感謝でいっぱいです。
私の様に痛みで辛い方が一人でも多くこの施術院を知り元気になられることを望んでいます。
(痛み止めは3月10日以降必要なし、5~6回目の施術で9割以上良くなりました。)
10回までにあと2回の治療が残っていますがよろしくお願いします。
10回終了後も定期的に伺いますのでよろしくお願い致します。


追伸
来院しようと決意できたのは患者の方々の動画や感想を見られたからです。
そして治療をして頂き「本当にすごい。」「とても楽になった。」と実感しております。
痛みのない生活に戻して頂き本当にありがとうございました。


コメント


認証コード9422

コメントは管理者の承認後に表示されます。