膝痛が整形外科や整骨院でも

治らなかったアナタへ。

痛みの専門家がアナタの悩みを解決します。

望月治療院!
●厚生労働大臣認定、国家資格保持●アクティベータメソッド国内アドバンス認定取得●臨床経験延べ5万人以上●五反田駅より徒歩2分、完全予約制

五反田でつらい膝痛で整体院をお探しのあなたへ


あなたは膝痛でこんな症状でお困りではないですか?

五反田膝痛

[check] ずっと座った姿勢から立ち上がる時に膝が痛む

[check] 階段の上り下りがツライ

[check] 長時間歩いていると膝の内側が痛む

[check] しゃがむことが無理なので正座ができない 

[check] 病院で「変形性膝関節症」と診断された

[check] 毎日膝にシップをしたり、痛み止めを飲んでいる

[check] 病院で膝に注射をしているが一向に良くならない

[check] レントゲンを撮って軟骨がすり減っていると言われた

[check] ランニング中に膝周りに違和感が出る




五反田整形外科

膝痛の時、あなたは「どこ」に行きますか?


ちょっとの膝痛なら、勝手に治ってしまうことも多いので、
どこも行かない方も多いと思いますが、痛みが強い場合は、
整形外科に行かれるのではないでしょうか?


望月治療院に来院される方の8割の方々もまずは、整形外科に行かれてから来られます。




東京大学医学部の研究によれば、日本においてレントゲン上で膝の変形があり「変形性膝関節症」と診断される方が推定2400万人いるとのことです。
 
40歳以上ですと2人に1人が変形があります。

しかし、変形があるから必ず痛みが出るかというとそうとも言えません。

痛みがある変形性膝関節症は推定820万人です。
レントゲン上で変形がある人は2400万人ですから、変形があっても痛みがない人
3分の2いるということになります。



つまり病院へ行ってレントゲンを撮って,先生から「骨が変形しているから痛いんですよ」と
言われたとしても実際は膝の痛みの原因が異なることがあります。


では整形外科ではどんなことをするの?


レントゲン

整形外科の痛み治療の基準は「目に見える異常」ですので、
まずは問診をしてから、レントゲンを撮ります。

そこで、なにか構造上の異常が見つかれば、それが痛みの
原因となります。

代表的なもので言えば・・・

  • 半月板がすり減っている
  • 軟骨がすり減っている
  • 骨が変形している
  • O脚がひどい
  • 膝に水が溜まっている


と言われ、「変形性膝関節症」と診断されることでしょう。



レントゲンで構造的な異常が見つからなければ、痛みがあってても原因が分からず、
様子を見ましょう」と湿布を渡され終了です。



整形外科でのリハビリ治療

電気



リハビリでは、筋力アップのための筋トレや筋肉を温める
温熱療法」や筋肉の緊張を和らげる「マッサージ」や「電気治療
ウォーターベッド」などをします。

リハビリに通われている方のなかには、効果があまり感じられないにも関わらず、数年毎日通われている方々もいらっしゃいます。

しかしこれらリハビリが膝痛に効果的であるという根拠はまだありません。



薬物療法について


薬

病院では薬を出されることもありますが、いくつかのタイプの違う薬があります。


1つは、「鎮痛剤」鎮痛剤にもいくつかの種類がありますが、痛みとは電気信号なので、それをブロックすることで、痛み信号が脳に伝わるのを妨げます。

2つ目は「筋弛緩剤」筋肉の緊張を和らげます。

3つ目は「血流改善薬」血流を良くすることで痛み物質を洗い流します。

4つ目は「抗不安剤・抗うつ剤」脳の緊張を鎮めます。


痛みのメカニズムから見ると、薬物療法は有効に見えますが、中には副作用があったり、
薬が切れればまた痛みが再発するなど、根本的な治療ではないようです。


ステロイド注射・ヒアルロン注射について

注射

病院によって異なりますが、痛みが強い場合やリハビリや投薬が効果がない場合、ステロイド注射ヒアルロン注射を行います。



ただし、飲み薬同様、痛みを一時的に止めるだけの対処療法的な治療法です。

また海外の研究データでは、その有効性が証明されていません。



外科的手術について


手術

整形外科での最終的な手段として人工膝関節にする手術や骨を削ったりする外科手術が行われますが、これらの術後の予後はあまりよくなく、臨床的に手術をしたのに「まだ痛いんです」という方々がいらっしゃいます。






膝のこんなところを押すと痛くないですか?



私はマッサージ師になる為の学校に3年間通い、あん摩マッサージ師の国家資格を取得しました。
卒業後はたくさんの膝痛で苦しむ方々を施術してきました。


auto-oEUbzt.pngauto-UcLJBb.png



階段の上り下りで痛い方、椅子から立ち上がる時に痛い方、ランニングした後に痛くなる方、
スポーツ選手、O脚の方、正座で痛む方など様々な膝痛の方を治療させていたがきましたが、
皆さん、共通する膝周りの筋肉が硬く凝り固まっていることが多かったのです。


内側広筋大腿直筋ハムスト


膝痛を招く代表的な筋肉が太ももの前面の筋肉です。とくに膝の内側の筋肉が硬くなっていることが多いのです。また膝の裏側の筋肉が硬くなっている方も多いです。

多くの膝の痛みの原因は「骨の変形」ではなく、レントゲンには映らない膝を動かす時に使う
筋肉のこわばり」が痛みの原因なのです。



画像の説明画像の説明kenkou (1)画像の説明画像の説明

痛みの原因は「筋肉のこわばり」である



マッサージを受けてもすぐに戻ってしまう経験!?


筋肉

膝痛や膝裏痛などの痛みの原因のほとんどは「こわばった筋肉」ですので、その筋肉をほぐすために、マッサージを受けるのも
有効な手段の1つです。

私は国家資格を持つ「筋肉のスペシャリスト」ですので、多くの膝痛で苦しむ方々を診させていただき、喜びの声を頂きましたが、たくさんの膝痛の方を診れば診るほど悩みました。

どういうことかと言いますと、一時的な疲労や急性の症状には「マッサージ」も有効なのですが、長年の慢性的な膝痛の場合やストレスの影響を受けている膝痛の場合、筋肉のケアだけではすぐにぶり返してしまうのです。


その原因は「神経の働き」に問題があったのです!!


神経系

人間の身体は、普段は意識しなくても、心臓は勝手に動いていますし、寝ていても呼吸
をしています。食べ物を食べたら消化してくれるます。
その身体全体の働きをコントロールしているのが神経系なのです。

もちろん、痛みの原因にもなっている筋肉をコントロールしているのも神経系です。

神経系の働きが低下すると、筋肉に上手く電気信号が伝わらず、筋肉が緊張して硬くなって
しまったり、逆に、力が入らなくなってしまったり、自律神経系のバランスが崩れやすくなった
りします。

こうした神経系の働きがアンバランスな状態で整体やマッサージを受けても、本質的な原因が
改善されていないので、次第に元の悪い状態に戻ってしまうのです。



ガチガチの膝の筋肉をいくらマッサージしても、その筋肉をコントロールして
いる神経系が緊張していたら、時間が経てばまたガチガチの筋肉に戻ってしまうのです。



不安



そのような時はアクティベータ療法が有効です


神経

身体には無数の神経ネットワークがはりめぐられていて、
そこで末梢と中枢(脳)とがスムーズに電気信号をやり取り
しています。

しかし、何らかの理由で、神経系の働きが低下すると、
上手く電気信号が伝わらずに、筋肉が緊張したり、逆に
力が入らなかったり、自律神経系のバランスが崩れたりします。

カイロプラクティックケアの目的は、こうした上手く働かなくなった神経機能異常を見つけだし
的確に神経系を活性化することです。

このような神経機能異常は、レントゲンやMRIなどには映りませんので、整形外科では、目に見えない神経系を改善させるという概念はありません。当然、神経系を整える治療法もありません。


また、歪みやズレなど構造を指標にしている治療院も神経系が正常なのか異常なのかは客観性が
ありません。


アクティベータ療法

[check]整形で電気をかけても治らない

[check]整体を受けても直ぐ戻る

[check]マッサージを受けても気持ちいいだけで治らない



こういった場合、根本的な原因である神経系の働きを改善させる
必要があります。




運動



望月治療院では開業以来、多くの膝痛でお悩みの方々を診てきました。
五反田で「膝痛」でお困りで、整体院・マッサージ院をお探しなら
まずは1度ご予約の上、ご来院くださいませ。



お客様の声

50才代 女性  A 様 『大学業院の整形外科、整形クリニック、カイロプラクティック、整体で治らなかった膝関節痛と頚椎症による首と腕の痛みと痺れとが両方とも治りました。』

画像の説明

膝が痛くて曲がらなくなり、大学病院の整形外科、整形クリニック、カイロプラクティック、整体、全て受診しても全く治らず途方に暮れていたところ、サイトで望月先生の事を知り、藁にもすがる思いで施術を受けたところ、氷が解けていくように膝の痛みが薄れてきました。今は5回目ですが朝起きてからの痛みが無くなり膝を曲げることができる様になりました。
今は最初の痛みを10としたら2くらいまで到達しました。
あと少しです。
望月先生、よろしくお願いいたします。
一生治らないと絶望的に思っていたので、本当に奇跡の様です。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


78代 女性 菊間様 『膝痛が楽になりました。』

画像の説明


10代 男子高校生 『整形外科、整骨院で治らなかった膝の痛みが!』

画像の説明


その他にも200枚以上の沢山の感想文を頂いております!

画像の説明


ご予約の仕方


画像の説明


受付時間(時間外でも電話対応致します)

月曜日 12:00~20:00
火曜日 12:00~20:00
水曜日 12:00~20:00
木曜日 12:00~20:00
金曜日 12:00~20:00
土曜日 12:00~20:00
日曜日 12:00~20:00 セミナー参加等の為、不定休

現在午前中は歩行困難な障害を持った方への訪問治療をしており、
望月治療院の営業を午後のみとさせて頂いております。

営業時間外も転送電話にて可能な限りご予約をお受けできる
体制をとっております。
まずはお気軽にお電話ください!









t:1 y:1