「脊柱管狭窄」「すべり症」でお困りのあなたへ!


あなたはこんな症状でお困りではないですか?

[check] 病院で「脊柱管狭窄症」「すべり症」と診断された

[check] 腰や太ももに痛みと痺れがある

[check] 2,3分歩くと足に痺れが出てくる

[check] 整形外科、整骨院に通っているが一向に良くならない

[check] ロキソニン、リリカなどの痛み止めを飲んでいるが痛みが無くならない

[check] 手術するか迷っている

[check] 整形外科以外で他の有効な施術法を探している

五反田脊柱管狭窄症整体


脊柱管狭窄症、すべり症とは?


背骨の中の神経の通り道を「脊柱管」と言います。

脊柱管狭窄症とは、この脊柱管が骨の変形やヘルニア等で狭くなり、神経が圧迫された状態の事です。

すべり症は背骨の椎骨が前方にすべって脊柱管狭窄症の様に脊髄を圧迫してしまっている状態です。

sekityuukann.jpg

主な症状は両側または片側の下肢の痛みと痺れ、筋肉の突っ張り、筋力低下など。

また歩行すると下肢痛のために歩行ができなくなりますが、安静にすると痛みは消えて再び歩行が可能になる 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がしばしばみられます。

病院でレントゲン・MRIを撮って、背骨が変形して神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫している写真を見せられ、お医者さんから「脊柱管狭窄症ですね。」と診断されて、アナタは不安と恐怖で落ちこんでしまったのではないでしょうか?


なぜ整形外科では脊柱管狭窄症が治らなかったのでしょうか?


足腰の痛みと痺れの症状で整形外科に行くとまずはレントゲン写真を撮ります。

そして画像を見て「背骨の変形による神経の圧迫」があれば、脊柱管狭窄症であると診断されます。

レントゲン写真を見せられてその様な説明をされたら、ほとんどの方が背骨による神経の圧迫が痛みの原因なんだと疑いなく信じてしまう事でしょう。

しかし残念ながら脊柱管狭窄症が原因と言われる痛みと痺れは、残念ながら整形外科ではあまり改善していないというのが実情の様です。

なぜ整形外科ではアナタの痛みと痺れが治らなかったのでしょうか?

そのあまり知られていない本当の理由なのですが、、、

なんと骨の変形による「神経の圧迫」が痛みやしびれを起こすことはないんです!


簡単に言えば「脊柱管狭窄症による背骨の変形」=「痛み・シビレの原因」ではないのです!

画像に写る背骨の変形の大部分はアナタがお悩みの痛みと痺れの本当の原因ではないのです!



お客様の声

70代 男性 T,K 様 『足の強い痛みと痺れで5分も歩けなくなりました。大学病院の整形外科で脊柱管狭窄症で2か所の脊髄の圧迫があると診断され手術を勧められましたが、望月治療院の施術ですっかり治りました。今ではハイキングができるほど歩けるようになりました。』

画像の説明

一昨年9月に帰宅の途中に歩行困難になり休み休み出ないと歩けなくなりました。
大学病院で診察を受けたところ脊柱管狭窄症との事で手術しなけれな完治しないとの診断でしたが、インターネットで望月治療院を知り通院する事になりました。
最初は五反田駅から杖を突きながら歩く状態でしたが先生の適切な施術の結果、ハイキングが出来るほど回復しました。
先月も裏磐梯五色沼を散歩いたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

70代 女性性  K,Y 様 『脊柱管狭窄症による腰と足の強い痛みで整形外科を2軒回りブロック注射を4回打っても治らず、最終的には手術を勧められました。気功、マッサージ、有名な整体院にも通いましたが2年間も腰と足の強い痛みが改善しなく辛くて鬱病になりそうでしたが、望月治療院の10回の治療で改善しました。』

画像の説明

77歳までは健康で働き、辞めて1年くらいから腰痛と足の痺れがあり整形でMRIの診断が狭窄症でした。
ブロックも4回ほどしましたが痛みはとれず色々試しましたがどれも痛みと痺れが取れず本当に落ち込み、娘が心配してインターネットで望月先生を知り2か月通院しまして、色々指導して頂きボールも時間が許す限り毎日一生懸命やりました。
10回目くらいから自分の体が軽くなり痛みもなくなり2年間の苦しみが信じられませんでした。
今は好きなジムにも行き本当に望月先生を信じ優しく指導して頂いた事に感謝しております。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

74才代 男性  S,W 様 『2件の整形外科を回りどちらでも脊柱管狭窄症と診断されました。痛み止めも効かない強い下肢の痛みと痺れで手術の予定も決まっているほどの深刻な状況で、ダメもとで望月治療院を訪れましたが10回ほどの治療で改善しました。』

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

40才代 男性  T,I 様 『脊柱管狭窄症で椎弓版切除術の手術をうけましたが痛みが再発。2ヵ所の整形外科を回りどちらでもL4,L5の椎間板ヘルニアと診断されブロック注射を打ったり、リリカ、セレコックスなどの痛み止めを飲みましたがましたが効果がなく最終的には再手術を勧められましたが、今ではすっかり完治しました。』

画像の説明

2014年8月、歩行困難の為、脊柱管狭窄症L4,L5の椎弓切除術のオペを実施する。
今年2月までは再発することなく健康でした。
しかし左足が痺れフローリングを歩く時につまずく症状があり、歩行は出来るのですが坐骨神経痛の症状が現れるようになり、座っているのも苦痛でした。
ブロック注射を実施するも症状が悪化する。
整形外科を受診するも再手術、L4,L5ヘルニアと診断される。
すがる思いで望月治療院に行きました。
最初はテニスボールゴロゴロ身体をほぐすだけで大丈夫?と半信半疑でしたが、4~5回目で効果がでてきました。
まさにゴットハンド、もうほぼ完治して痛み止めも服用せずに痛みもなく健康に生活できています。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

71才代 男性  S,T 様 『2ヵ所の整形外科を回りリリカなどの痛み止めを飲んだりリハビリをしたりしても改善されなかった歩行さえ困難な脊柱管狭窄症による下肢の痛みと痺れが治りました。』

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

70才 男性  M,M様 『脊柱管狭窄症による下肢の強い痛みと痺れで歩行困難になりました。病院の痛み止め(リリカ)やリハビリでも効果が無かったのですが、今ではすっかり治りました。』

画像の説明

病院で診察を受けたところ「脊柱管狭窄症」との事でした。
足腰の痛みと痺れて歩行が困難に、休んでは歩く状態でした。
そんな中、娘がインターネットで望月治療院を知り通院しました。
痛み止めが効かなかったのですが、2回目より痛み止めを止めました。
施術は全体的に行って下さり3回目の通院の時は結果が体に表れてきました。
普通に歩けるようになりました。
ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

60才代 男性  S 様 『整形外科を2か所回って痛み止めやブルック注射でも改善さなかった半年間悩み続けた分離すべり症による足腰の痛みと痺れが治りました。まさにゴッドハンドを体感しました。』

画像の説明

まさにゴットハンドを体感しました!!
お尻や太ももの裏側、足先の痺れが整形外科で腰椎分離すべり症と診断され、リリカの服用やブロック注射では歩けなくなる程痛みは悪化しました。
丁度その頃、家内のお友達から望月治療院をご紹介頂き最後の砦の思いで受診しました。
お聞きしていた通り先生は親切で熱心で丁寧に施術をして下さいました。
先生の熱意に反応したかのように4回目の施術の頃から元通りに歩けるようになりました。
あんなに痛くて歩けなかったのにこんなに良くなるなんて・・・。
本当に「神の手」は存在していたのです。
望月先生、そして先生をご紹介くださった家内のお友達に心から感謝いたします。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

40代 男性 平田様 『脊柱管狭窄症による腰から足にかけての激痛で歩行困難になりました。整形外科や整骨院の治療でも改善しなかった強い痛みでしたが今ではすっかり治りました。』

画像の説明

歩くのに不自由なほど、腰から足にかけて激痛があり、様々な整体等に行っても改善されず整形外科に行ったところ脊柱管狭窄症との診断。
薬、点滴等でも良くならずインターネットで当院を見つけ日曜日の夜にもかかわらずすぐに施術してもらい、その場で痛みが軽くなるのを実感。2~3回の施術で痛みはだいぶおさまり約二カ月通い日常生活の支障はほぼなくなった。
通うごとに痛みがなくなる実感は安心につながり、痛みが完全になくなる事を目指し、今後も継続してお世話になろうと思っています。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

70才 男性  Y,M 様 『整形外科を二件まわり脊柱管狭窄症、すべり症の併発による坐骨神経痛と診断され手術を勧められましたが今ではすっかり治りました。』

画像の説明

7~8年前から腰痛に悩まされ、すべり症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と診断され2件の整形外科から手術を勧められましたが拒否、現在まで痛み止め、湿布薬、温熱療法とで過ごしてまいりましたが最近痛みがひどく(特に数時間後のデスクワーク後の夕方に)ネットを見ていたところ先生のホームページに出会い「これだ!」と直感、すぐに予約を取り5回目の治療頃から信じられないくらいに痛みも減少し、今では歩きたくなり35年来の趣味のクレー射撃、乗馬も痛み止めなしで出来るようになり先生に大変感謝しております。
当初は4~5日に1回の治療でしたが少しずつインターバルを取って治療したいと思います。よろしくお願い申し上げます。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

背骨の変形による神経の圧迫が痛みの原因ではないのです!


画像に写る背骨の変形、ズレによる神経の圧迫は痛みの本当の原因ではないのです!

私一個人が経験的に、「脊柱管狭窄が痛みを引き起こすことはない」と言っているのではなく、痛み治療の先進国ではこの考え方がもはや常識なのです。


画像の説明

TMSジャパン

1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛の方200名を対象に2名の医師によって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しました。
1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛に苦しむ人200名を対象に2名の医師によって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しました。

その結果、3群の異常検出率には差がありませんでした。

すべり症を代表とされる骨の異常があろうとなかろうと腰痛の原因ではないと言えます。

簡単に言えば、痛みがない健康な方にも画像上の脊柱管狭窄症やすべり症は見つかるのです

ですから、整形外科で画像診断を行ない、「脊柱管狭窄症」「すべり症」「分離症」と診断されても必ずしも痛みの原因とは言えないのです。



では、何が痛みの原因なのか?


筋肉

結論から言えば、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と診断されるような痛みと痺れの症状の原因の大部分は「筋肉」です。
少し難しく言えば、筋肉の機能低下です。


簡単に言えば、筋肉がこわばった状態やその状態が長く続き、血液の流れが低下し、痛み物質が筋肉に溜まっている状態、あるいは、力が入らず、筋肉が上手く機能していない状態のことです。


このこわばった「筋肉」なんですが、レントゲンでは映りません


当然、整形外科では、目に見える「骨」や「軟骨」を痛みの原因と
考えますので、病院へ行っても


「この腰痛は筋肉が痛みの原因ですね」と仰ってくれる先生は少ないのです・・・



病院では痛がっている箇所すら一切触らず、レントゲンの画像だけを見て診断を下す事が殆どだと思います。


望月治療院では、痛みの本当の原因である「筋肉のこわばり」を改善させる施術をさせていただきます。


整形外科とは診ているところが違います。

ですので、今まで治らなかった方々でも良くなるのです。



画像の説明画像の説明kenkou (1)画像の説明画像の説明

最近では一部の整形外科医や麻酔科医によって痛みの原因は「筋肉である」こと
が知られるようになりました


「脊柱管狭窄症」「すべり症」と診断されやすい硬くなった筋肉

腰方形筋梨状筋臀部筋

「腰」「お尻」「太もも」「ふくらはぎ」の筋肉が硬くなっているのです。



あなたの腰の筋肉やお尻の筋肉、太ももの裏の筋肉を押してみてください。

押してみて、硬く凝っている所や強い痛みが出る場所や、つっぱってしまっている場所はありませんか?

じつは・・・これが「脊柱管狭窄症・すべり症」と診断されている方の本当の痛みの原因なのです!!

多くの脊柱管狭窄症・すべり症の原因は「骨の変形」や「神経の圧迫」ではなく、「筋肉のこわばり」が痛みの本当の原因なのです。


当院は骨ではなく筋肉と神経を診ます。



先ほどご説明した通り、痛みを発している場所は筋肉のこわばりであるのならば、筋肉の固くなったところを丁寧にマッサージして揉み解したら治るのかといえば、そう簡単な話ではありません。

軽い症状であれば痛みを発している場所である筋肉のみの施術で良くなる方もおられます。

しかし筋肉がこわばるというのはあくまでも結果であって、筋肉をこわばらしてしまう根本の原因にアプローチしていかなければ、本質的に体が変化して慢性的な症状が改善していく事は難しいのです。

整形外科、カイロ、整体、鍼灸、アロマ、マッサージと世の中に様々な施術方法がありますが、

それらと「望月治療院」の決定的な違いは、望月治療院では、筋肉のこわばりや歪み・ズレを調整するのではなく、根本的な原因に対してアプローチするところにあります。

一概には言えませんが、

神経

[check] 整形外科=骨(変形・老化)

[check] 整体、マッサージ=筋肉(コリ)、体の歪み

[check] 望月治療院=筋肉と神経

に対してアプローチします。

変形、ズレ、歪み、筋肉のコリは結果であって、
根本の原因神経の働きの低下なのです。

 神経系の低下(原因)→筋肉のコリ→歪み→変形(結果)

なので、望月治療院では筋肉だけでなく神経系に対してもアプローチしていきます。


痛みの本当の原因に働きかける望月治療院の治療方法



筋肉をコントロールしている神経系にアプローチするのが、
当院がメインで使用しているテクニックであるアクティベータ療法です。


アクティベータ療法


施術の基準は神経系の働きに異常があるか無いかです。

ドクターファー

アクティベータ療法とはアメリカのカイロドクターであるDr.Fuhrに
より開発されました。

今現在、米国で2番目に多く使われているカイロプラクティックテクニックであり、大学病院や研究施設で研究が続けられ、国際的な研究雑誌には、カイロプラクティックテクニックのなかでは、一番多く掲載されている、新しいテクニックです。


アクティベータ療法は本部は米国アリゾナ州にあり、日本においては、アクティベータネットワークジャパンにより運営され、筆記・実技試験に合格した者のみが正式に施術を行えるものです。

東京地区でアクティベータメソッド上級認定を保持している施術者は15名で、品川区では唯一「望月治療院」のみです。(2017年現在)

筋肉に対する施術のスペシャリストの証である按摩指圧マッサージ師の国家資格とアクティベータメソッド上級認定を併せ持つ施術院は全国にも数か所しかありません。

s_101-2.jpg 院長望月&アクティベータ創始者、Dr,Fuhr

画像の説明
アクティベータメソッド国内アドバンス認定

画像の説明
厚生労働大臣認定 あん摩指圧マッサージ師国家資格


痛みの現場である筋肉に対しては按摩指圧マッサージ師として身につけた様々な独自の筋肉調整法を使用します。

筋肉を制御する神経系の働きに対してはアクティベーターメソッドを主に使用しております。

筋肉と神経系の働きを同時に調整する事により整形外科では治らなかった様々な痛みと痺れの症状に対し効果的な施術が出来るのです。

椎間板ヘルニアの施術に関しては絶対の自信と経験があります。

整形外科で治らなかった椎間板ヘルニアなら、ぜひ望月治療院にご相談ください!。


お客様の声


50才 女性  N,N 様 『右足の激痛で夜も寝られないくらい辛くて整形外科に行ったところ脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断されました。リリカ、ミオナールを処方されましたが更に痛みが増してしまい藁にもすがる気持で来院しました。』

画像の説明

突然右足スネが痛み激痛が走り辛くて夜に横になって就寝できずソファーで座り過ごしていました。
恐らく坐骨神経痛だろうと「リリカ」を処方、3日間服用しましたが足が以前より重く歩けなくなり転倒、次に「ミオナール」を処方されましたが薬が怖くなり服用を止めました。
MRIの結果、脊柱管狭窄症と診断され、また薬だけを処方され痛みは続き、そんな時インターネットで望月先生の治療院を見つけ、同じ症状の方々のコメントを見つけて、藁をもすがる思いでその週に予約が取れました。
先生が病気について丁寧に説明して下さり安心感を得ました。
50代~なる人が多い事、体の中の血流が悪くなり筋肉が固くなっている事、トリガーポイント。
家でのテニスボールを使ってのリハビリ、アクティベータ治療により日に日に痛みは無くなり足の運びも良くなり1か月後には登山にも行けました。
本当にありがたく感謝申し上げたいです。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


60代 女性 F子 様 『すべり症が原因の坐骨神経痛で右足が痛くて歩行も辛かったですが、今ではすっかり良くなり運動もできるようになりました。』

画像の説明

すべり症が原因の坐骨神経痛でした。
目から鱗だった先生のお言葉が2つ。
⓵通院を決めた時、「完治に向けて一緒に頑張りましょう。」患者自身も治す為の努力が必要という事。
②痛みがなかなか取れないことを訴えた時「痛みの原因が取り除かれた結果として痛みが無くなっていくのです。」施術後にすぐに痛みが減らなくても続ける事が大事という事。
週二回通勤していた11回目の施術後、それまで徐々に少なくなり始めていた痛みが激減。
その後通院間隔をあけていき22回目が終わり今はわずかな痺れと圧迫感はあるものの日常生活ではまったく問題なくエアロビクスもほぼ依然と同じように楽しめています。
望月先生を信頼して良かった!
本当にありがとうございました。

画像の説明

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


77才代 女性  T,O 様 『右足の臀部からふくらはぎの強い痛みで歩行が困難になりました。整形外科で椎間板ヘルニアと診断され、翌週には手術の日程が決まっていました。手術をなんとか回避したくて2ヵ所の整体院に連絡したところ断られましたが、最後の望みでここを訪れたところ数回の治療ですっかり治り、もとのように歩けるようになりました。』

画像の説明

私はMRIで椎間板ヘルニアと診断され足の痛みと痺れは手術しかないと言われました。
手術は怖いので悩み夜も眠れませんでした。
スマホで望月治療院を見つけ先生にメールしました。
お電話を頂き私の心境をお話ししたところ、優しい励ましの言葉にやっと落ち着くことが出来ました。
早速施術を始めたのですが、最初はうつ伏せになるのも辛かったことがウソの様に今では痺れは全くなくなり普通に歩行できています。
先生本当にありがとうございました。
感謝です。

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

40代 女性性  A,M 様 『突然右足の激痛に襲われて整形外科を2件回ってどちらでも腰椎4番、5番のヘルニアと診断されましたがリリカ、ロキソニンを処方されてて様子をみましょうと言われるだけでした。あまりの激痛に耐えられず藁にもすがる思いで望月治療院を訪れましたが、5回の治療で元通りの状態まで回復しました。』


70才 男性  S,O 様 『整形外科で脊椎の間が狭くなっていると診断されましたが治療は痛み止めと湿布だけ。整形外科や接骨院やマッサージに何度通っても改善しませんでしたが、ここの施術を受けて今ではゴルフも出来るようになりました。』

画像の説明

昨年11月、腰に差し込むような痛みが走り、整形外科で脊椎の間が狭くなっているとの診断で薬と湿布での治療を行いました。
しかし痛みは続き朝起きた時がひどい状態で他の病院や接骨院に行きましたが変わらず、今年2月に入りインターネットで当院を知り2月17日、望月先生から「身体全体を整えるのが私の治療法」と言われ初回の施術で身体が(とくに背中)軽くなったと感じました。
その後3月までに8回の施術を受け痛みはやわらぎ4月以降は隔週位になっています。
今ではゴルフも出来るようになり「感謝、感謝」する次第であります。
これからも先生お世話になります。

「個人の感想であり効果を保証するものではありません」


60才 男性  S,O 様 『私は医療関係者です。医師より腰椎手術を宣言された方へお伝えします。手術をうける前に一度、望月先生に相談してみてください。私は治療家、望月久嗣先生に出会って人生が変わりました。』

画像の説明

脊柱管狭窄症

クリックして拡大

広範脊柱管狭窄症で難病指定となりました。
2度の頸椎手術の後、腰椎の症状も悪化、間欠跛行で歩行困難になり、ついには医師より腰椎の手術を勧められました。
私は医療関係者で腰椎手術の侵襲や術後の経過についても把握していましたので、とにかく症状の改善を図りたく、その方法について探りました。
昨年6月、望月久嗣先生の事を知り施術を受けました。
1回目の施術で腰からオモリを外されたように感じました。
週一回連続して10回程の施術を受け、間欠跛行はなくなりました。
その後、月1回のメンテナンス療法となり今ではスタスタ歩いております。(2018年1月現在)
医師より腰椎手術を宣言された方へお伝えします。
手術をうける前に一度、望月先生に相談してみてください。
私は治療家、望月久嗣先生に出会って人生が変わりました。
先生に感謝しております。
私は自身の仕事の関係で皆様にお伝えできることは以上となります。


80才代 女性  S,N 様 『痛み止め、ブロック注射が効かない脊柱管狭窄症でしたが3回の施術で杖がいらなくなりました。手術しなくてはと落ち込んでいた頃が嘘の様です。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

2016年の10月より腰痛がひどくなり、近隣の総合病院にて診察して頂いたところ「脊柱管狭窄症」と診断されました。
その後はお決まりの痛み止めの処方→ブロック注射と、痛みを抑えて様子を見るだけで、痛み止めは効かずブロック注射も思ったほど効果は出ないまま症状は悪化していき、12月には杖なしでは歩けず、歩いても痛みの為に二軒先のスーパーへ買い物に行くのもやっと。
年末の診察でここまでひどいと手術したほうが良いと言われました。
高齢の為、手術後ベット上での生活が長引くと筋力の低下などのリスクがあるため、二の足を踏んでいたのですが、娘が正月にHPで検索したらこちらの望月治療院を発見。藁にもすがる思いで新年早々お電話したところ、快く予約を入れて頂きました。
半信半疑で施術を開始したのですが、3回通う頃には杖の必要性をあまり感じなくなり今では以前の様に歩けるようになりました。
手術しなくてはと落ち込んでいた頃が嘘の様です。


70代 女性  『脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアによる左の臀部から足首までの激痛で歩行困難になり病院を3軒回っても改善しませんでした。ロキソニン、リリカでも痛みが治らなかったのですが数回の施術で改善しました。』

画像の説明

喜びの声

クリックして拡大

道路で縁石につまずき膝を強打、特に右脚がひどかった為、左足で補ってやっと階段の昇降も交互に足が出るようになった頃、腰痛が出始めたと思ったら、朝、突然に左の臀部から足首まで激痛が走り、立つ、座る、歩くことも困難になり病院へ。
救急の病院では脊柱管狭窄症と腰椎ヘルニアの診断でロキソニンの痛み止めと貼り薬を処方されましたが一向に痛みが取れないどころか激痛で夜も眠れない日々が続き、次の病院ではリリカカプセルを処方されましたが、めまい、ふらつきが酷い割には痛みが取れず、3軒目の病院では手術する程度ではない等、そのまま痛みに耐える日々でしたがネットで望月治療院の坐骨神経痛は必ず治るとの口コミを読み最後の望みで伺ったところ、6回目の施術位から痛みが軽減されました。
まだ時々痛みがあるので先生のところに伺って完治を目指します。


88才 男性  内田 昭 様 『脊柱管狭窄症の手術後も痛みが残りペインクリニックに通っていましたが6回の施術で楽になりました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

ある会の集まりで腰痛の話をしていたところ望月治療院へ行ってみたらという人がいました。
早速通い始めて6回になり治療途中ですがだいぶ楽になりました。
痛みが薄れ歩く苦痛もなくなりました。
これからも通院して更に歩け楽しく暮らせるよう期待しています。
先生の研究の深さと患者に対する姿勢に敬意を表したいと思っています。

画像の説明

患者様がご自身の状態を説明する為に初来院時にお持ちして頂いたイラスト。脊柱管狭窄症の手術をうけた後も痛みが残ってペインクリニックに通院中との事。患者様の許可を頂掲載させて頂きました。


60才代 女性  Y,S 様 『脊柱管狭窄症でリリカを飲み続けていましたが、飲むのをやめられました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

腰痛がひどく病院に通院したところリリカという薬を出されそれを飲んでいました。
あまりの痛さでどうしようもなく、インターネットで望月先生の事を知りました。
すがるつもりでお願いしマッサージを受けテニスボールの治療等を教えて頂きました。
その後、腰痛の方が軽くなり、今はリリカという薬を飲まなくても大丈夫になりました。
ありがとうございました。


60才 男性  K、M 様 『脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で歩行困難になりましたが数回の施術で治りました!。楽しみにしていた海外旅行にも行く事ができました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

8年前、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断されてから4年ごとに症状が出るようになりました。
今回はとくに歩行が辛く通勤時には周囲の人々に追い越されてしまうのが心身ともにショックで落ち込んでしまうほど。
何とかしたいと偶然知った望月治療院にすがる思いで通い始め最初は一進一退の様子でしたが、5回目くらいから劇的に楽になり目の前が明るくなりました。何より海外旅行を控えており、短期間で数回通ったところ旅行中は特に大きな痛みやしびれも出ず楽しい思い出ができました。
手にしボールのマッサージも初めの頃は痛さに悲鳴を上げていましたが自分の体がこり固まっているのだと言い聞かせながら頑張りました。
これからも定期的に通って維持していきたいで、
望月先生、よろしくお願いいたします。
そして出会えたことに感謝です。


60代 女性『脊柱管狭窄症でしたが2日に一回の痛み止めの服用がやめられました!。』

画像の説明

喜びの声

クリックして拡大

他の病院で脊柱管狭窄症と言われ頭痛、腰痛、肩こりが酷かったんですが、2回目の治療(望月先生)で酷い肩こりがなくなり1日おきに頭痛薬も服用していましたが今は飲んでません。
腰痛も痛みが軽くなり望月先生には大変感謝しております。
ありがとうございました。
今後も継続してお世話になろうと思います。


73才 男性  S,K 様 『脊柱管狭窄症で左足が動かなくなり寝返りも出来ないくらい痛かったのですが今ではすっかり治りました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

私は以前より脊柱管狭窄症を診断されていましたが3月より左足が動かなくなり、寝返りも出来ないくらいの痛みでしたが、ある先生の書いた書籍を読んでテニスボールを使って少しずつ腰が楽になり左足も少しは動くようになりましたが、それ以上良くならないのでネットで検索したところ望月先生のアクティベーターなる治療で脊柱管狭窄症も治るというので半信半疑で通院し左足も良くなりました。
しかし6月半ば頃に今度は右足が動かなくなり両方の臀部もあまり力が入らなくなってきましたが、更に先生の治療を続けて以前の様にまではまだですが普通に歩けるようになりました。
これも望月先生のおかげと感謝しております。


70才 女性  N,K 様 『望月治療院で脊柱管狭窄症が改善した知人に紹介されて来院。病院、整骨院でも良くならなかった脊柱管狭窄症による痛みが改善しました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

去年、脊柱管狭窄症、今年ぎっくり腰と続けてなり歩けなくなり杖をついたりしてました。
ご近所の方から望月治療院を紹介されるまで病院、整骨院等をまわりましたが、どこに行っても効果なく不安でした。
紹介者も狭窄症でしたので長い時間歩けなかった方は今は別人のように元気になられてました。
私は4回目になりますが治したい一心でゴールに向かって頑張っております。
痛みも殆どなくなりました。
これから先は先生にケアをして頂き元気に年をとりたいです。
よろしくお願いします。



60才 男性  H,I 様 『脊柱管狭窄症と整形外科で診断されましたがコルセットと湿布だけしかもらえませんでした。望月治療院への2カ月の通院ですっかり改善しました。』

画像の説明

画像の説明

クリックして拡大

ウォーキングのやりすぎで腰痛に。
整形外科で脊柱管狭窄症と言われました。
コルセットと湿布をもらい、これでは治らないと思い望月治療院に。
動機は先生の「原因は筋肉にある」との主張でその通りと感じたから。
2カ月通いほぼ全快。
先生の良い所は自分で治す方法まで教えてくれるところです・
ちょっとお高いと思ったが継続的には時間とお金の節約になったと感謝してます。



50代 男性 Y,F様 『椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の併発による臀部から下肢にかけての強い痛みで50メートルも歩けずに苦しんでいました。鍼灸、接骨院、大学病院でのブロック注射でも改善しませんでしたが数回の治療でゴルフができるくらい改善しました』

ヘルニアと狭窄症

クリックして拡大

1年以上前からお尻の筋肉が痛くなり、その後左太もも、左ふくらはぎ外側がとても痛くなりました。MRIの結果ヘルニアと狭窄症の両方の診断がされました。
鍼灸、接骨院、大学病院でのブロック注射等、色々と病院にも行きましたが改善せずに、一番痛い時は50メートルも歩けない時もあり、もう手術しかないと覚悟しましたが、諦めずにホームページを検索して望月治療院を知り、8~10回程度通院したら、もう今は殆ど痛みは感じなく大好きなゴルフも始められるようになりました。
望月先生、本当に有難うございました。腰痛に悩んでいる方を紹介して治して頂こうと思っています。それくらい有り難かったです。毎日痛み止め3回、ロキソニンテープを張って痛みを止めていましたが今はまったく必要としていません。 50代会社役員


60代 女性 南出様 『脊柱管狭窄症でしたが4回で普通に歩けるようになりました!』

喜びの声

クリックして拡大

病院から脊柱狭窄症だと言われ右足裏の太ももがだるく、その後足の指が痺れ、灼熱感があり、落ち着かない日々でした。昨年右ひざを手術したため、両ひざが不安定でがくがくしてました。正座も出来ず張りつめた状態の中、インターネットで望月治療院をみつけ、明るく元気いっぱいの先生の笑顔に出会いました。まだ4回足を運んだだけですが、膝の動きが軽くなり今では正座も少しできる様になり、心までが軽くなり明るい気分になっています。歩くことが苦痛でしたが今では普通の速さで歩いています。改めて御礼をもうしあげます。有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。


60代 女性 M、H様  『整形外科でのブロック注射、ハリ、カイロプラクティックでも改善しない脊柱菅狭窄症が原因の坐骨神経痛が改善しました!いざという時はいつでも望月先生がいるから大安心です。』

画像の説明

クリックして拡大

脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛が痛くて痛くて・・・。
整形外科でのブロック注射、ハリ、カイロプラクティックなど試しましたが、いまいちの状態が3年ほど続いていました。
インターネットで望月先生を知り伺いました。
最初の5回ほどは週一回程の頻度で通い顕著な変化はなく(と言っても、薄皮をはがすように少しずつ痛みは軽くなった感じはありました。)5~6回ぐらい移行でしょうか、「あれ?今日右派痛いのを忘れてた。」という日もある様になって、今は伺う前には手放せなかった鎮痛剤をまったく飲まない日が続いています。
(11回目施術終了時)痛みは100%無くなった訳ではありませんが以前に比べれば10%くらいの痛さでこれくらいなら軽く我慢も出来るし運動もOK。
先生のご指導のテニスボールケアも続けこれからは自分自身の体の声を聴きながら痛み無しの生活を目指します。
いざという時はいつでも望月先生がいるから大安心です。
先生ありがとうございます。


50才代 女性  Y,K 様 『すべり症と整形外科で診断されましたが治りました。今では痛くなったら望月先生!!と安心をしています。』

画像の説明

クリックして拡大

1週間動けないほどの腰痛。ようやく整形外科に行き診断されたのが腰椎すべり症。
早速インターネットですべり症を検索したところ悲観的な事ばかり。
「ああ、私の人生これから先楽しい事は何もない」とまで落ち込みました。
正直最初の施術で「あれ?私選択間違えた?」と思いました。(ごめんなさい)
でも施術が終わり帰る時には腰の痛みが随分とよくなり3回目にはほぼ普段の生活ができる様になりました。
5回目(回数券分)終了時には、先生から「ゴルフも登山も大丈夫ですよ。」と言われ本当に嬉しかったです。
今では痛くなったら望月先生!!と安心をしています。
テニスボールと定期的な施術で、私の人生これからも楽しみます。
望月先生ありがとうございました。
良い先生に巡り合えてよかったです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


40代 男性 小川様 『脊柱管狭窄症による強い痛みで仙骨硬膜外ブロック注射を6回打ちましたが2回の施術で歩けるようになりました。』

喜びの声

クリックして拡大

平成27年の2月頃より歩くと左スネ外側の痛みで500Mも歩けず病院へ行くと脊柱管狭窄症による間欠性跛行と診断4か月整形外科ペインクリニックと渡り歩き、その間仙骨硬膜外ブロック注射を6回痛みをなんとかごまかし生活していました。たまたまHPで見かけ最初はこんな機械(失礼)で治るわけが無いと思い当院に通院

ビックリ!たった2回の施術で歩ける歩ける。

全く痛みが無くなりました。痛みのない生活はこんなに素晴らしいものなんですね!先生ありがとうございます


50代 女性 M,O様『脊柱管狭窄症で整形外科では手術以外に選択肢はないと言われ薬を渡されるだけでした。』

喜びの声

クリックして拡大

痛みに変化が訪れています。
脊柱管狭窄症と診断され手術以外に選択はないと言われ、その後は薬をもらうだけで整形外科では何もしてくれませんでした。
インターネットで発見した当院で治療してもらったところ痛みが変化して良い方向に向かっているように感じます。
整形外科に通院していることに疑問を感じていたので方向性を見出した思い出しています。
これからもよろしくお願いいたします。


70代 女性 C,S様 『脊柱管狭窄症と診断されましたが・・』

喜びの声

クリックして拡大

脊柱管狭窄症と整形外科で診断されリハビリとお薬と接骨院に通っていましたが痛みと腰のはりがかなりあり、ネットで望月治療院を知り横浜からなので通えるか心配でしたが3回目より腰のはりがなくなり痛みも遠のいていき家事の仕事も早くこなせるようになりました。
今では外反母趾の痛みとともに腰の治療も行っております。先生に感謝して良くなるよう努力してゆきます。これからもよろしくお願いします。


60代 女性 斉藤様 『脊柱管狭窄症による左太ももの痛みと痺れで整形外科に一年間通いましたが治らず望月治療院に来ました。』

喜びの声

クリックして拡大

約一年前から腰部脊柱管狭窄症で病院に通っていましたがただ飲み薬と貼り薬を貰っていましたが今年の8月の終わりころから急に左太ももの痛みと足の先の痺れが増し、これではいけないと思いインターネットで望月治療院を見つけました。
当初はすぐ効果は表れませんでしたが、何回か通っていくうちに少しずつ痛みが和らぎ今では楽になりました。
先生に教わったテニスボールで一生懸命に家でやっています。先生ありがとうございます。


50代 横井様 『1回目の治療で脊柱管狭窄症の痛みがうすれ、杖がいらなくなりました。』

狭窄症

クリックして拡大

1週間前の1回目の治療の時、どのような感じか分からなかったので少々怖い感じで来院。
知人がタクシーに乗車できないくらい足が上がらず痛かったのに先生の治療を受けて今では仕事ができるまで回復したと聞き、藁をもすがる気持ちで知人の言葉だけを信じて治療を受けさせていただきました。
不思議です。
1回目で痛みが薄れ、杖がいらなくなりました。
昨日本当に久しぶりに1日友達と外出できました。
本当にありがとうございます。先生に感謝いたします。


60代 女性 今井様 『脊柱管狭窄症が治って痛み無く歩けることに喜びを感じてます!。』

喜びの声

クリックして拡大

何年か前から腰の腰の草取りとか掃除機などの前かがみの姿勢が辛く背中も丸くなってきて気になり5月頃病院に行きそこで脊柱管狭窄症と言われ手術したほうが良いと言われでもなるべくならしたくないと思い調べたところ、望月先生の事を知りまして(藁にもすがる気持ちで)伺いました。
今6回目ですがきがつくと感じなくなっているように思います。
今痛み無く歩けることに喜びを感じています。
これからも少しでも良い方向に行くように先生よろしくお願いします。
本人も頑張ります。


80代 女性 A、ばあばァー様 『長年苦しんだ脊柱管狭窄症による腰痛が治りました!』

画像の説明

クリックして拡大

腰痛でずーっと悩んでいました。
なんとか自分の生活が最低で守られることを願いスマホで望月先生を探しました。
1回目・・・まだ痛い!!
2回目・・・少しいいかな。
3回目、4回目の時には後戻りも感じましたが、良くなっている実感はだんだんと。
5回目、もう完全と思いますがまだ自力でのメンテナンスと先生のところに時間を見て伺ってみます。
感謝とともに自分の体を大切にして生活していきます。
ありがとうございました。
また伺いますので。

50代 男性 H,I様 『脊柱管狭窄症がウソみたいに治りました。』

ヘルニアと狭窄症

クリックして拡大

4,5年前に腰が痛くなり検査したら腰部脊柱管狭窄症と難しい病名を言われがっくりしました。
服薬治療をしばらく続けたが変化もなく今まで放置してきました。
痛くて辛い時もかなりありましたが自分をだまして仕事してきました。
ところが1か月前くらいから域が出来ないほど痛くなり歩行もままならないようになりネット検索。
手術は無理だし何か他の方法と発見したのが望月治療院さんでした。
初回の施術時は痛くて施術を待ってもらったのに2回目では痛みも殆どなく3回目の施術の今日は痛みはなくなってます。
ウソみたいな本当の話。
先生ありがとうございます。
様子を見て痛くなったらまた助けてください。

73才 N,T様 『すべり症と診断されましたが治りました。病院ではコルセットを勧められただけでした。』

ヘルニアと狭窄症

クリックして拡大

総合病院で脊椎すべり症と言われた。
コルセットを使用すれば楽になると言われたが一向に良くならず周りの人に相談したらインターネットで検索したらと言われて早速検索したら望月治療院が出てきたので来院しました
1回、2回と治療を行うとだんだんと腰が楽になりました。
特に尻の回るの筋肉が固いと言われ、どのようにほぐすと思ったらテニスボールを尻の筋肉が痛いところにあてたら初めは飛び上がる様に痛かったのがしばらくすると痛みが薄れてきました。
家でもこの方法で行って下さいと先生に言われました。自分はテニスボールを離せなくなりました。
これからも間をおいて通院したいと思います。


55才 S,B様 『脊柱管狭窄症の激痛が一回の施術でなくなりました。』

狭窄症

クリックして拡大

腰から右足にかけて激痛があり整形外科に行ったところMRIで脊柱管狭窄症と診断されました。
薬治療を10日程しても良くならずホームページで当院を見つけ通院したところ1回目の治療で痛みが無くなり整形外科での治療は何だったのだろうと思ってます
今回2回目の治療中ですが完治が期待できるのではないかと思っておりますのでよろしくお願いします。


60歳 男性 A,H様『脊柱管狭窄症で手術を勧められましたが治りました。病院では痛み止めとリハビリだけでした。』

画像の説明

クリックして拡大

突然の耐え難い痛みから整形外科を訪問し痛み止めの投薬とリハビリで治療していましたがMRIの結果、脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)と判明しました。
痛みは治まらず医者からは大病院で手術が良いと宣告されました。
その中でインターネットで望月治療院を発見し訪問し治療を開始しました。
立ち上がる事も厳しく杖を離せない状況から当初は数日おきに、やがて1週間おきにという治療で、約井ヶ月半で日常生活に支障がないまで回復しました。
更に継続治療のお陰で今では長時間の歩行のような相当な負荷でも問題ありません。
激しい運動も夢ではないと信じられます。
大変感謝しています。


60才 女性  A,Y様 『整形外科、接骨院、整体で治らなかったすべり症が治りました。』

ヘルニアと狭窄症

クリックして拡大

右ひざの痛みを我慢しながらほおっていたら、半年前から右腰も痛くなり整形外科、接骨院、整体院、何か所もお金と時間をかけて施術に通いましたが治りません。
ネットで望月治療院に出会いました。
初回の施術は???これで治るのかしら?口コミは「治った」のオンパレード。
2回目の帰り道、足取りが少し軽くなり、3回目は歩くのに不自由しませんでした。
「背骨を緩めますね」と、先生のマッサージの心地よさは本当に手の平が暖かくてきっと気持ちを込めてマッサージして下さっているんだろうなと感謝の気持ちで受けていました。
3歳の孫の後を追いかける事も出来なかったのですが、今は大丈夫です。
前半は不思議な施術、後半は筋肉、腱の伸ばしマッサージ、痛くてたまらなかったマッサージも先生のお陰で心地よくうけられています。
QOLは比べ物にならない程上がり痛い辛さがない幸せを感謝します。
本当に有難うございました。
腰は病院ですべり症と診断されました。)


50才代 男性  T,F 様 『脊柱管狭窄症に起因する坐骨神経痛が治りました。』

画像の説明

クリックして拡大

ふくらはぎを肉離れして松葉杖を使っているうちに他の部分にも負担がかかり、腰の痛みと足の裏側、外側の痺れが出てきました。
整形外科では脊柱管狭窄症に起因する坐骨神経痛という診断で腰の牽引などをして貰いましたが改善の兆しが見られなかったので、ネットで望月治療院を見つけ半信半疑で行ってみました。
施術は30分程度でしたが体がずいぶん軽くなり、しかも驚いたことに次の日には足の痺れがほとんど消えていました。
その1週間後にも再度施術を受けましたが、痺れは再発しておらず、本当に望月先生に診て頂いて良かったと感謝しています。
どうもありがとうございました。


40才 男性  T,O 様 『脊柱管狭窄症による間欠跛行で手術しかないのかと思いましたが治りました。』

画像の説明

クリックして拡大

当初は整形外科での治療後に一向に良くならず今後は手術しかないのではないか?と思いながらこちらに施術いただきました
治療と自分自身でのリハビリを教えて頂いた結果、駅から家までの途中で2回は座らなくては歩けなかった状態が以前と変わらぬ程度まで回復しました。
本当にこちらの望月治療院にめぐり合えたことにありがたく感じております。


その他にも200枚以上の沢山の感想文を頂いております!

画像の説明


ご予約の仕方



画像の説明

予約

受付時間(時間外でも電話対応致します。)

月曜日 12:00~20:00
火曜日 12:00~20:00
水曜日 12:00~20:00
木曜日 12:00~20:00
金曜日 12:00~20:00
土曜日 12:00~20:00
日曜日 12:00~20:00
(セミナー参加等の為、不定休)

営業時間外も転送電話にて可能な限りご予約をお受けできる
体制をとっております。
まずはお気軽にお電話ください!


最後に、、、望月治療院の思い。

このホームページをご覧になられているあなたは、きっと脊柱管狭窄症と病院で診断されて、辛い痛みと痺れでお困りなのかもしれません。

当院には開業以来、毎日沢山の脊柱管狭窄症と診断された患者さまがお越し下さっております。

最近では脊柱管狭窄症の手術をしたにも関わらづ改善しない患者様もお越し頂くことも増えました。

画像の説明


患者様はボルトで固定された背骨のレントゲンを持参して今まで辛かった経緯を画像を見ながら話して聞かせて下さるのですが、その時に私は何とも言えない強い憤りを感じるのです。。

苦しんでる患者様が痛みから解放されて、元気に満ち溢れた日々を過ごす事が望月治療院の願いです。

ご縁があって数ある治療院の中で当院をお選び頂き来院された患者様には何としても元気になって頂きたいと常に本気で思っております。

当院は西洋医学、整形外科の考えを否定しているのではありません。

整形外科の考え方、治療では補えない範囲の治療を提供するのが当院の使命であり、手技療法、カイロプラクティックの治療院としては痛みと痺れの治療に関してはどこにも負けない経験と実績があると自負しております。

患者様にとって最善の治療、自分自身が思う理想の治療を追い求め日々精進を続けております。

望月治療院は絶対に治したいという患者様の本気の気持ちを正面から受け止めて真剣に向かい合い、本気の治療を全力で提供する治療院です。

脊柱管狭窄症でお困りでしたらぜひ当院にお気軽にお越し下さい!

                   望月治療院 望月久嗣

予約専用メール








t:10 y:34